顔のほくろ、たくさん除去しても大丈夫!新しい顔を手に入れよう!
うっぴー。うっぴー。

顔にほくろがたくさんあっていやだなぁ…
ほくろを取りたいけど跡が残らないか心配…

美容の先生美容の先生

こんにちは。
顔のほくろを10か所以上除去しましたが、跡が残らずきれいに治った時計草です。
この記事では、顔にほくろが多い人の印象と、跡が残らないほくろ除去の方法を紹介しています。

うっぴー。うっぴー。

とても気になります!

美容の先生美容の先生

顔にほくろがあることがコンプレックスで、取るか取らないかモヤモヤ悩み続ける。
この記事を読めば、そんな悩みとおさらばでき、ほくろを取った新しい自分と出会うことができます。
では、見ていきましょう。


知っておくと安心!跡が残りにくいほくろの除去方法は「レーザー」「切縫法」「くり抜き法」

うっぴー。うっぴー。

ほくろの除去をしたいんですが、傷跡が残るのではないかと心配でなかなか踏み切れないんです…

美容の先生美容の先生

安心してください。
ほくろのサイズや色に合わせていくつかの方法があり、傷跡も残りにくくなっています。
まずは皮膚科や美容クリニックに相談しましょう。
ほくろに合わせた除去方法を提案してくれます。

うっぴー。うっぴー。

でもどんな方法があるのか全くわからないと不安だし、カウンセリングもちょっとこわいです…

美容の先生美容の先生

では、ほくろの除去方法を紹介します。
方法としては次の3つがあります。

ほくろの除去方法
  • 炭酸ガスレーザー
  • 切縫法
  • くり抜き法
美容の先生美容の先生

炭酸ガスレーザーはほくろの除去方法としては主流で、盛り上がったほくろや色の薄いほくろなど、幅広く治療できます
レーザーを当ててほくろを削り取るので、ジュクジュクした傷になりますが、2週間ほどで治り、傷跡も目立ちません

うっぴー。うっぴー。

傷跡が目立たないのはうれしいですね!

美容の先生美容の先生

切縫法は比較的大きく目立つほくろに向いていて、メスを使ってほくろとまわりの皮膚を取り除きます。
顔は血流が活発で皮膚の再生も早いので、治るのは早いですが、多少傷跡は残る可能性があります
さらに、7~10日後に抜糸の必要があり、傷跡も目立たなくなるまで1~2ヵ月かかります。

うっぴー。うっぴー。

大きいほくろは傷跡が残る可能性も増えるのですね。

美容の先生美容の先生

くり抜き法は比較的小さなほくろに向いています。
特殊な器具を使ってほくろを丸くくり抜きます。
ほくろのギリギリを切り取るので傷も小さく、約2週間ほどで治り、跡も目立ちにくいです

うっぴー。うっぴー。

ほくろの大きさや種類によって方法が変わるのですね!
切り取ったり、くりぬいたりとありましたが痛みはどうなんでしょうか?

美容の先生美容の先生

いずれの方法も局所麻酔をするので、施術中の痛みはありません。
麻酔の針も細く、爪でつねったような痛みなので、「チクチクするな」と感じる程度です。

うっぴー。うっぴー。

痛みの心配はなさそうですね!
でもどのくらいの金額でできるのでしょうか?

美容の先生美容の先生

費用は病気の治療としてなら保険診療になりますが、美容目的であれば自由診療になるので高めになります。
ほくろの大きさや状態によって5,000~20,000円と変わりますので、よく確認するようにしましょう。

顔のほくろはチャームポイント!親近感がわくことも!

うっぴー。うっぴー。

顔にほくろがあって気になります…

美容の先生美容の先生

顔にほくろがあることにコンプレックスを感じる人は多いですが、実はチャームポイントになっているのです。
自分が思うよりまわりの人は、あなたの顔にほくろがあっても気にしません。
むしろ、「こんなところにほくろあったんだ」とあなたの顔にすてきなアクセントを加えてくれます。
同じようなところにあるほくろで親近感がわいたり、人間味のある顔にしてくれる効果もあります。

うっぴー。うっぴー。

それなら、自分はいやだと感じているほくろもがまんして残したほうがいいのでしょうか…?
取る必要がないと言われてしまうと余計悩んでしまいます…

美容の先生美容の先生

たしかに、「ほくろも個性」と考える人もいます。
しかし、自分の顔を鏡で見るたび、「このほくろがなければいいのに」と暗い気持ちになったり、コンプレックスだと感じるなら、除去してスッキリするのも間違いではありません。

うっぴー。うっぴー。

やはり自分の気持ちが大事ですね。

美容の先生美容の先生

私も顔のほくろを10か所以上除去しました。
人に言われるような目立つものではなく、チャームポイントと言われるものでしたが、自分がいやでした。
子どもの頃からあるものもあり、鏡を見るたびになくならないものかと悩んでいました。
ですが、ほくろをとった顔を見て、新しい顔を手に入れたような気持ちになり、取ってよかったと満足しています。

うっぴー。うっぴー。

周りの意見より自分の気持ちを優先することも大事ですね!

美容の先生美容の先生

コンプレックスである顔のほくろがなくなると、鏡を見るのが楽しくなります。
ですが、顔のほくろはあなたのチャームポイントでもあることを忘れないでくださいね。


ほくろ跡を目立たなくする意外なポイント!

美容の先生美容の先生

ほくろ除去後の傷跡が目立たなくなる経過を、私のほくろ除去体験をもとに紹介していきます。
前述したとおり、私は顔のほくろを10か所以上取りました。
一度に10か所取るのは、傷跡がちゃんと消えるかや、費用の面で無理があるので、何回かに分けて取りました。

うっぴー。うっぴー。

ほくろの除去はどこでできるのですか?

美容の先生美容の先生

ほくろの除去は皮膚科や美容クリニックでできますが、私は美容クリニックで治療することを選びました。
「病院」よりも「美容」のほうがきれいに取ってくれそうという先入観が理由ですが。
まずカウンセリングを受けましたが、すべてレーザーで除去でき、費用も1つ5,000円とのこと。
普段は予約をして治療になるのですが、たまたま時間が空いていて、その日に治療してもらうことができました。

うっぴー。うっぴー。

その日のうちに治療したんですね!

美容の先生美容の先生

局所麻酔で痛みもなく、あっという間に終わりました。
鏡で見せてもらうと、ほくろのあったところが穴が開くように傷になっており、ジュクジュクしています。
傷が乾かないように保湿剤をちょこっとぬり、医療用テープでふたをします。
抗生剤の飲み薬と保湿剤、医療用テープをもらい、施術は終了です。
傷口を乾かないようにすること、治るまではテープをつけたままにし、1日1回はテープを変えるようにと言われました。

うっぴー。うっぴー。

治療後はどうでしたか?

美容の先生美容の先生

初めのうちは傷口から体液が出てきて何度かテープを張り替えましたが、数日で落ち着き、痛みもありません。
だんだん新しい皮膚ができてくるのがわかります。
目立ちにくい色とはいえ、顔中にテープをペタペタ張っているのでマスクをしてかくしていました。
季節も冬だったので、マスクをしていても不思議に思われず、まわりに気づかれることなく治療できました。

うっぴー。うっぴー。

治療後も痛みはないのですね!
どのくらいで治るのでしょうか?

美容の先生美容の先生

2週間後に経過観察でクリニックに行き、問題ないということで、テープも卒業。
傷口はきれいにふさがり、少し赤みがある状態でした。
ファンデーションで隠れる程度の赤みなので困りません。
1ヵ月ほどすると赤みも引いて白い肌になりました。
よく見れば傷跡があるとわかる程度で目立ちません。

うっぴー。うっぴー。

2週間ほどで落ち着くのですね!
今はどうですか?

美容の先生美容の先生

除去してから何年か経ちますが、今ではまったくわからず、探すほうが大変なくらいです。
ほくろがなくなった新しい顔はとても気に入りました。

うっぴー。うっぴー。

きれいになくなったのですね!
何か困ることなどはありましたか?

美容の先生美容の先生

私が治療するときに気をつけたことがあります。
それは紫外線を当てないこと
傷口をおおう新しい皮膚は弱く、紫外線の影響を受けシミになりやすいです。

うっぴー。うっぴー。

せっかくほくろがなくなったのにシミができたらショックですよね。

美容の先生美容の先生

医療用テープはUVカット機能があるものだったそうですが、傷がふさがった後も油断してはいけません。
しっかり日焼け止めをぬって紫外線の影響を受けないように注意しました。
傷跡にシミができて、また別の治療をするはめになったという人もいるので、うまく対処できたと思っています。

うっぴー。うっぴー。

しっかりケアしないと別の治療が必要になってしまうのですね…

美容の先生美容の先生

顔の傷は治りやすく、そのあとのケアもしっかりすれば、ほくろのあとはほぼ残りません。
安心して顔のほくろを取ってくださいね。

まとめ

知っておくと安心!跡が残りにくいほくろの除去方法

ほくろの除去方法は炭酸ガスレーザー、切縫法、くり抜き法があります。

顔のほくろはチャームポイント!親近感がわくことも!

顔にほくろが多くても、まわりの人はチャームポイントと思ってくれます。

ほくろ跡を目立たなくする意外なポイント!

ほくろ除去の体験をもとに、傷跡が治る経過と目立たなくなるポイントを紹介しています。

ほくろは必ずしも取る必要があるものではありません。
しかし、「個性」であっても「コンプレックス」になるなら、取ってしまうほうが気持ちも明るくなります。

顔にほくろがたくさんあってお悩みのあなた。
いっそ取ってしまって「新しい自分」の顔を見るのも楽しいですよ。