肌荒れに豆乳は効果があるの?おどろきの美容効果を大公開!

うっぴー。うっぴー。

豆乳って、美容にいいらしいけど、肌にもいいの?
豆乳を飲んで太るって聞いたけど、本当?


この記事では、みなさんが抱えているそんな疑問を解決するために書きました。

ゲスト先生ゲスト先生

こんにちは、豆乳歴5年の日鞠です。
豆乳のおかげで、コレステロール値がさがり、健康診断が苦じゃなくなりました。

ゲスト先生ゲスト先生

今回は「肌荒れに豆乳は効果があるの?おどろきの美容効果を大公開!」
について紹介します。

うっぴー。うっぴー。

私は、うっぴー。です。
よろしくお願いします。

本日のゲスト本日のゲスト

以前の私は、コレステロール値が高いことや、生理前のニキビで悩んでいました。

うっぴー。うっぴー。

私も生理前になると、絶対って言っていいほどニキビができます!!

本日のゲスト本日のゲスト

そこで、うわさで聞いた豆乳を試してみることにしたんです。
すると、コレステロール値がさがり、ニキビもできなくなったんです。
豆乳を飲んでいなかったら、今でも同じことでずっと悩んでいたと思うと、ぞっとします。

ゲスト先生ゲスト先生

豆乳のもつパワー、これを知っておけば、美肌も健康も同時に手に入ってしまいます。
そのパワーの秘密を、この記事に詰め込みました。


豆乳に含まれる美容成分はコレ!
5つの栄養素をピックアップ

本日のゲスト本日のゲスト

女性は、豆乳を一日一杯飲むことで、美へ一歩近づきます。
コップ一杯の豆乳が、女性を美しくしてくれます。

うっぴー。うっぴー。

ずっときれいでいたい。
今日よりも明日はもっときれいになりたい!
女性なら、誰だってそう思っていますよ!!

ゲスト先生ゲスト先生

その願いをサポートしてくれるのが、豆乳です。
豆乳には、女性にとって必要な栄養がたくさん含まれています。

イソフラボン

豆乳といえばイソフラボン。
化粧品にも、イソフラボンが入った化粧品が発売されています。
それくらい、イソフラボンは、女性にとってうれしい効果を運んできてくれます。

特に注目したいのが、
女性ホルモンのエストロゲンと似た
働きをしてくれるというところ。

豆乳を飲むことで、ホルモンバランスがととのい、肌トラブルを防いでくれます。

ビタミンE

血管を広げ、血行をよくしてくれる効果があるのが、ビタミンEです。
血行が良くなることで、肌もきれいになり、冷え症も改善されます。

私はビタミンと聞くと、ビタミンCが真っ先に頭に思い浮かびます。
初めてビタミンEの存在を知った時は、ビタミンってEまであったんだな、と感動しました。

このビタミンEも美容に高い効果をはっきしてくれます。

ビタミンB群

皮膚を保護してくれたり、再生や維持にもかかわる栄養素が、ビタミンB群です。
食事で摂った栄養を、エネルギーへ変換するサポートをしてくれます。

疲労回復や粘膜の保護の役割もはたしているので、元気な毎日を送るためには、欠かせない栄養素です。

たんぱく質

私たちの体を作るには欠かせないたんぱく質です。
豆乳には、たんぱく質もしっかり含まれています。
筋肉を作るイメージが強いたんぱく質ですが、肌や爪、かみの毛をきれいに保つためにも、必要不可欠。

ゲスト先生ゲスト先生

たんぱく質が足りていないと、肌やかみの毛はツヤがなくなります。
爪は割れやすくなったり、折れやすくなったりします。
マッチョを目指してなくても、たんぱく質はちゃんと摂りましょう。

レシチン

最近流行りの美容法に、デトックスがありますが、レシチンはデトックス効果のある栄養素です。
細胞の溜まってしまった老廃物をデトックスしてくれるので、悪玉コレステロールや中性脂肪の減少につながります

また、コレステロールも排出してくれるので、ニキビをやっつけてくれる効果もあります。

脳のはたらきをよくしてくれて、集中力や記憶力のアップにも効果的なので、受験勉強中には特に心強いですね。

ゲスト先生ゲスト先生

たった一杯の豆乳ですが、これだけの栄養素がぎゅっと詰まっています。
女性にとってうれしい栄養素がここまで詰まっているなんて驚きです。

うっぴー。うっぴー。

あまりにもうまい話すぎて、逆に副作用がないか心配になるくらいです。


ゲスト先生ゲスト先生

確かに、美容にいいからと言って、飲み過ぎは禁物です。
なにごとにも、限度というものがあります。

豆乳を代表する栄養素である大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は、70~75gとされています。
豆乳に置き換えると、だいたいコップ一杯半くらいが目安です。

うっぴー。うっぴー。

一日、コップ一杯半でいいんですね♡

ゲスト先生ゲスト先生

どんなヘルシーな食べものでも、摂り過ぎはよくないありません。
豆乳にも同じように限度はありますが、そこに気をつけつつ積極的に取り入れていきたい飲みものです。

豆乳がもたらす美肌効果!
それを支える2つの栄養素

本日のゲスト本日のゲスト

多くの女性が抱えている悩みの一つに、肌荒れがあります。
私もニキビができやすく、生理前や季節の変わり目には、いつも悩まされていました。


うっぴー。うっぴー。

ニキビができると、一日ブルーな気分になります。

本日のゲスト本日のゲスト

豆乳に含まれている栄養素である、イソフラボンとビタミンEは、厄介な肌荒れの改善にも活躍してくれます。

イソフラボン

イソフラボンの大きな効果として、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれることがあげられます。

ゲストゲスト

なぜ、エストロゲンに似た働きをしてくれることが、
肌荒れの改善につながるんですか?

ゲスト先生ゲスト先生

まず、肌荒れの原因として多いのが、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂の量がいつもより多くなり、毛穴が詰まりやすくなることで、ニキビや吹き出ものができやすい環境になってしまいます。

女性はどうしても生理の関係で、ホルモンバランスが乱れてしまう時期があります。
特に生理前になると肌荒れを起こしやすいという人が多いのは、からだの仕組み上、仕方がない部分があります。

とは言え、ただでさえ気持ちが沈みやすい生理前。
肌荒れに悩みたくないですよね。

ゲスト先生ゲスト先生

ホルモンバランスの乱れが原因で肌荒れがおこるのなら、その乱れをととのえてあげれば、解決します。

その解決方法の一つが、イソフラボンを摂ること。
イソフラボンが、エストロゲンの代わりをしてくれれば、ホルモンバランスの乱れが改善されます。
すると、肌荒れも同時に改善されるということです。

うっぴー。うっぴー。

肌荒れしそうな季節の変わり目や生理前には豆乳を飲んだらいいってことね!

ただこのイソフラボン、効果の出る人と出ない人がいるんです。
なぜなら、正しく言うと、イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするのではないからです。
イソフラボンから腸内細菌によって作られる、エクオールという物質が女性ホルモンに似た働きをするんです。

そして、イソフラボンからエクオールを作るには、エクオール産出菌という菌が、腸に住んでいなければいけません。
ちなみに、エクオール産出菌が腸内に住んでいる人は、日本人のうち約50%ほど。

聞きなれない言葉ばかり出てきましたが、かんたんに言うと、豆乳を飲んでイソフラボンを摂っても、日本人のうち約50%は効果を感じれないというわけです。

しかし、豆乳をはじめとする大豆製品を摂り続けることで、エクオールが作られやすくなるという話もあります。
健康に良いことは確かなので、一度試してみて損はないでしょう

ビタミンE

夏でも足先や手の指先が冷えて困る。夏場も冷房で体が冷える。
こんな声を私の周りからもよく聞きます。
私も一年中冷え症には悩まされています。

冷え症って辛いですよね。
夏場でもブランケットが欠かせないし、羽織るものも必須。
夏なのに、電車の中やオフィスで凍える思いをすることもしょっちゅう。

冬に手をつなごうものなら、あまりにも冷たくて心配される始末。
冬場に人と手を触れ合わせるのが、もはやコンプレックスです。
私の姉は、夏場は私を冷えピタ代わりに使って、冬場は寒いからと言って近寄ると逃げていきます。

冷え症に苦しむ全ての女性が摂るべき栄養素の一つが、ビタミンEです。ビタミンってEまであったんだなぁとぼんやり感動しながら、その効果を調べていたら、予想以上に実力のある栄養素でした。

ビタミンEには、毛細血管を広げて、血行をよくする作用があります。
肌の血液の流れがよくなれば、新陳代謝が活発になるので、ニキビや吹き出ものが治りやすくなります

また、血行が悪くなることが原因で起こる、肩こりの解消にも効果的。
更にホルモンの分泌をさかんにして、アンチエイジングの効果まで期待できます。

豆乳からビタミンEを摂れば、冷え症も改善され、夏でも冬でもぽかぽかで元気な足先・指先をゲットするのも夢ではありません。
私の冷え症コンプレックスも解消されます。

今は、夏でも冷房で体の冷える社会。
冷房にも負けない体つくりを、今からはじめましょう。

数ある豆乳の栄養素の中でも、特に美肌に効果のあるものが、イソフラボンとビタミンE。

ゲスト先生ゲスト先生

サプリメントや化粧品も肌荒れには効果的ですが、やはり体の中からきれいになることが、美肌への近道です。
一杯の豆乳が、あなたを美肌へ一歩近づけます。

豆乳を飲むならまずはこれから!
飲みやすい豆乳をご紹介

お肌のために豆乳を飲んでみようと思ったものの、種類が多すぎて、どれがいいのか分からない人も多いはず。
スーパーに行けば、無調整豆乳やら調整豆乳やら、ジュースみたいな豆乳まで。
豆乳だけで、棚を埋め尽くしているお店もあるほどです。
また、インターネットで調べると「美容のためには無調整豆乳を飲むべき」と書いているサイトもあったして、迷ってしまいますよね。

豆乳の分類

⦁ 無調整豆乳 大豆のみを原料としている豆乳
⦁ 調整豆乳 飲みやすいように、砂糖などを入れている
⦁ 豆乳飲料 果ものなどの味つけをして甘くなっている

この3種類に分けられます。

ゲスト先生ゲスト先生

確かに、美容のためには無調整豆乳がベストです。
大豆の栄養をしっかり摂ることができます。


うっぴー。うっぴー。

でも、その無調整豆乳って大豆そのものの味がして、飲みにくいんですよね。

ゲスト先生ゲスト先生

そうですね。
無調整豆乳が苦手な方は、調整豆乳がおすすめです。
無調整豆乳より、含まれている大豆の量が少ないものの、栄養はきちんと摂ることができます。

うっぴー。うっぴー。

たしかに!
毎日飲むものなら、苦手なものを飲み続けるのは精神的によくないですよね。

ゲスト先生ゲスト先生

美味しくないな、嫌だなと思いながら続けるより、
美味しい!
これできれいになれるなんて嬉しい!!
と思って飲む方がお肌にいいのは間違いありません。

今から、これまで私が試した豆乳で、お肌にも心にも良い豆乳を紹介します。
ぜひ豆乳選びの参考にしてください。

豆乳飲料 プリン

見た目のインパクトに押されて買ってみたプリン味の豆乳です。
紀文は、オーソドックスな豆乳から、かなり攻めている味の豆乳まで、幅広く発売しています。
スーパーで新商品を見つける度、つい買ってしまいます。

おやつ代わりに豆乳を飲むなら、これが一番おやつを食べている感覚を味わえます。
ゼラチンで固めて、本物のプリンにしてしまうという裏わざもあります。

プリンの味はそのままで、意外とあまさは控え目。
甘ったるくないので、後味にも残りません。
冷やして飲んでもいいですが、私は温めて飲みました。
温めると、甘さが少し増すので、甘いものが好きなら、温めると甘いものへの欲求も満たされます。

罪悪感なく、プリンを食べている気分になれるので、ダイエット中のおやつにもなります。
今度、ゼラチンを買ってきて、豆乳プリンを作ってみようと思います。

イソフラボン:25mg
カロリー:118キロカロリー

はちみつ豆乳

私が最近ハマっている飲み方です。
シンプルに、でも少しあまい豆乳が飲みたい気分のときにぜひ試してほしい飲み方です。
作り方はかんたんで、調整豆乳の中にはちみつを入れて、電子レンジで温めるだけ。
3分もかからず完成です。
カップラーメンより早いです。
たまにスチーマーで泡だてて、カフェ気分を楽しむ日もあります。

使っている調整はこの「特濃調整豆乳」

豆乳を飲み始めた当初は、普通の調整豆乳を飲んでいました。
しかし、3年前に健康診断でコレステロール値の数字で引っかかったことをきっかけに、この特濃タイプを飲み始めました。

コレステロール値をさげるの一文を読み、わらにもすがる思いで購入。
初めて飲む時は、「特濃っていうくらいだから、かなり濃いんだろうな。」
「大豆の味しかしなかったらどうしよう。」
とびくびくしていたんですが、とても飲みやすい味に調整してくれていました。

においも気にならず、なにも抵抗なく飲めました。
以来、3年間ずっとこの特濃豆乳を飲み続けています。
おかげさまで、今ではコレステロール値も基準内までさがり、健康診断でお医者さんから心配されることもなくなりました。

私にとってはコレステロール値をさげてくれた救世主です。
肌荒れについても、
生理前によく口元やあごにできていたニキビが減り
うれしい変化がたくさん訪れました。

イソフラボン:30mg
カロリー:108キロカロリー
※特濃調整豆乳、200mlあたりの栄養成分です。

野菜生活100 Smoothie 豆乳バナナMix

満腹感のある豆乳を探している人にぴったりなのが、 豆乳バナナMixです。
これは正確には豆乳ではなく、大豆飲料と言う分類になります。
大豆飲料は、豆乳には入っていない、おからの部分もすべて使って作られている飲みものです。
大豆飲料にも、イソフラボンが豊富に含まれているので、紹介します。

野菜生活という名前の通り、1/2日分の野菜を使用。
野菜の栄養とイソフラボンも同時に摂れる優れモノ。

すごくとろっとしていて、お腹にもたまります。
バナナ味がきついわけではなく、にんじんやかぼちゃのあまみも感じます。
果ものも盛りだくさんで、りんごのすっきりした味のおかげで、飲みやすく仕上がっています。

満腹感があるので、朝ごはんや、夜食の代わりになりそうです。
朝ごはん代わりにしてみたところ、いつもお昼頃にはぐーぐーなるお腹が、その日は鳴りませんでした。

砂糖・甘味料・増粘剤無添加なので、人工甘味料などが気になる人にもおすすめです。

食物繊維とイソフラボンが一本で摂れるのはうれしいですね。

イソフラボン:3~10mg
カロリー:116キロカロリー

野菜生活Soy+ベリー・プルーンMix

「イソフラボンだけじゃなく、もっと他にも美容効果のある栄養が摂りたい!」という欲張りな人には、コレ。
こちらも大豆飲料の分類に入ります。
イソフラボン、鉄分、食物繊維、植物性たんぱく質、この4つの栄養素を着目して作られています。

ベリーとプルーンが入っているので、全体的に甘酸っぱいです。
ベリー味のヨーグルトを、もっとさっぱりさせたような味です。
豆乳バナナMixと比べると、さらっとした飲み心地。
こちらも朝食にしてみましたが、残念ながらお昼ご飯までもちませんでした。

いつも食べているおやつの代わりに飲めば、フルーティーな味わいで気分転換ができます。
貧血もちなので、しばらく飲んでみようかなと思います。

イソフラボン:19~52mg
カロリー:137キロカロリー

他にもスーパーに行けば、たくさんのフレーバーの豆乳が売っています。
また、オリジナルアレンジを考えて、いくつかバリエーションをもっておくと、毎日飽きずに続けることができます。

私は5年間豆乳を飲み続けてますが、飽きたと感じることはありません。
はちみつ豆乳はとてもかんたんに作れるので、試してみてください。
飲むとほっとして、気持ちも落ち着きます。

おいしくたのしく。これが私のモットーです。


まとめ

今回は「肌荒れに豆乳は効果があるの?おどろきの美容効果を大公開!」について紹介しました。

「豆乳に含まれる美容成分はコレ!
5つの栄養素をピックアップ。」

⦁ イソフラボン=エストロゲンと似た働きをする
⦁ ビタミンE=ホルモンの分泌を活発にする・血行促進
⦁ たんぱく質=美肌・美爪・美髪・満腹感
⦁ ビタミンB群=ホルモンバランスの乱れによる吹き出ものや肌荒れを防ぐ・イライラや集中力の低下も軽減する
⦁ レシチン=悪玉コレステロール減少・血中コレステロール低下・脳を活性化させて、記憶力・集中直アップ
⦁ サポニン=免疫力がアップする
⦁ 鉄分=貧血予防

「豆乳がもたらす美肌効果!
それを支える2つの栄養素。」


⦁ イソフラボン=イソフラボンとエクオールの関係
⦁ ビタミンE=冷え症予防にも効果的

「豆乳を飲むならまずはこれから!
飲みやすい豆乳をご紹介。」


⦁ 「豆乳飲料プリン」
⦁ 「はちみつ豆乳」
⦁ 「野菜生活100 Smoothie 豆乳バナナMix」
⦁ 「野菜生活Soy+ベリー・プルーンMix」

すっかり私たちの生活になじんできた豆乳。
どこでもかんたんに手の入る、牛乳と同じくらいメジャーな飲みものになりました。

本日のゲスト本日のゲスト

しかし、その美容効果については残念ながら、詳しく知られていません。
この記事を読んで、豆乳のもつ美容パワーについて、知ってもらえたと思います。

ゲスト先生ゲスト先生

飲んですぐに効果が出るわけではなく、続けることがやはり大切。
続けていくうちに、自分に合っているか合っていないかは、自然に分かってきます。

私は体質的にも味覚的にも合っていたので、5年も飲み続けています。
しかし、母はそれこそ3日で飽きたようで、すっかり飲むことをやめています。

どの美容法、健康法にも言えますが、なにより重要なことは続けること。

うっぴー。うっぴー。

そうですね!
豆乳もまずは1本買ってみて飲んでみます♪
味が気にいれば毎日飲んでみる!!
毎日じゃなくても、きれいになるために定期的に飲んでみます!!

本日のゲスト本日のゲスト

少しづつ続けてみることで、体に変化はやってきます。
自分の体のことを一番知っているのは自分です。
その変化を見逃さないようにしましょう。

うっぴー。うっぴー。

豆乳をじょうずに生活に取り入れて、健康なお肌を手に入れます。


美味しく、楽しく、これを忘れないでくださいね。