肌の赤みを隠すメイク術!かんたんな方法とおすすめコスメをご紹介!
うっぴー。うっぴー。

肌の赤みが気になる…
メイクで隠したいけど、どうやったらいいんだろう?

美容の先生美容の先生

こんにちは。
コスメ大好きしおちー。です。
私も昔から赤ら顔で悩んでいました。
今回は肌の赤みを隠すメイクについて紹介していきます。

うっぴー。うっぴー。

ぜひ知りたいです‼

美容の先生美容の先生

メイクを重ねれば、ある程度の赤みは隠れます。
しかし、厚塗りになってしまったり、崩れやすくなったりしてしまいます。
でも、この記事を読めば自然に赤みを隠すメイク方法がわかります。
ぜひ参考にしてみてください。


広い範囲の赤みには緑のコントロールカラー!

美容の先生美容の先生

赤みを隠すときに使う色は、赤の反対色「緑」です。
赤みの上に緑をのせるとお互いに打ち消しあい、赤みが目立たなくなります。
ただし、緑も強すぎると白浮きしやすくなるので調整しながらのせましょう。

うっぴー。うっぴー。

緑を使うなんてびっくりです‼

美容の先生美容の先生

ほほなど広い範囲に赤みが出ている場合は、コントロールカラーを使いましょう。
下地を塗ったあとに緑のコントロールカラーを赤みの出ている部分にのせていきます。

うっぴー。うっぴー。

コントロールカラーはどんなものを使ったらいいですか?

美容の先生美容の先生

おすすめのコントロールカラーをいくつか紹介しますね!

美容の先生美容の先生

「CandyDoll ブライトピュアベース ミントグリーン+HERB」は下地として使えるタイプです。
透明感のある肌にしてくれる下地で、明るい肌になります。

うっぴー。うっぴー。

下地ならこれ1つですむから時短になりますね!

美容の先生美容の先生

「RMK ベーシックコントロールカラー N  03グリーン」はのびの良いテクスチャーが特徴です。
ナチュラルな仕上がりが好みの方におすすめです。

うっぴー。うっぴー。

でも、肌のカバーにはコンシーラーを使うんじゃないんですか?

美容の先生美容の先生

たしかに、コンシーラーはカバー力があるのですが、広い範囲のカバーには向いていません。
厚塗りになりやすく、不自然になりやすいです。

うっぴー。うっぴー。

そうなんですか!

美容の先生美容の先生

私もコンシーラーで広い範囲の赤みを隠そうとしていたことがありますが、朝はきれいにできても時間がたつとコンシーラーの部分だけファンデーションがよれて崩れやすくなってしまいました。
広い範囲の赤み(ほほ、おでこなど)はコントロールカラー、ポイントの赤み(ニキビ跡など)はコンシーラーと使い分けましょう。

にきびの赤みはコンシーラーで隠す!

美容の先生美容の先生

ニキビ跡などポイントの赤みはコンシーラーで隠していきます。
コンシーラーも緑か黄色のものを使うと赤みが消せます。
コンシーラーは肌にのせ、たたいてなじませていきます。

うっぴー。うっぴー。

緑か黄色を使うんですね!

美容の先生美容の先生

コンシーラーも液状のものと固形のものがあります。
液状のものは固形のものに比べるとカバー力が落ちますが、ナチュラルな仕上がりになります。
一方、固形のものはカバー力が高いですが、厚塗りになりやすいです。
それぞれメリット・デメリットがあるので用途によって使い分けましょう。

うっぴー。うっぴー。

どんなコンシーラーを使ったらいいですか?

美容の先生美容の先生

おすすめのコンシーラーを紹介しますね!

美容の先生美容の先生

「ザ セム カバーパーフェクションチップコンシーラー 01クリアベージュ」は液状のコンシーラーですがカバー力が高く人気のアイテムです。
少量でものびがよく、使いやすい商品です。
価格も500円ほどとお財布にやさしいのもポイントです。

うっぴー。うっぴー。

安いのはうれしいです!

美容の先生美容の先生

「ナーズ ラディアントクリーミーコンシーラー #VANILLA」はプロのヘアメイクさんもよく使っているコンシーラーです。
しっかりカバーしてくれるのに自然な仕上がりになります。
カラーバリエーションが多いので自分の肌に合った色が見つかります。

うっぴー。うっぴー。

ヘアメイクさんが使っているものなら間違いないですね!

美容の先生美容の先生

「セザンヌ 赤み補正コンシーラー ソフトグリーン」は手に入れやすい商品です。
価格も安く、ドラッグストアなどにも取り扱いがあるので最初に試すのにおすすめです。

うっぴー。うっぴー。

コンシーラーって使うタイミングがわからないんですが…

美容の先生美容の先生

コンシーラーは使うファンデーションの形状によって使うタイミングが変わります。
リキッドファンデやクリームファンデのときはファンデーションの後、パウダーファンデのときはファンデーションの前に使用します。
順番を間違えてしまうときれいに仕上がらなくなってしまうので注意が必要です。

うっぴー。うっぴー。

ファンデーションの種類によって変わるんですね!


すっぴんもスキンケアクリームでカバー!

うっぴー。うっぴー。

旅行などお泊りのときはメイクを落とさないといけないですよね?
肌の赤みや肌トラブルが気になるのでメイクを落とさないで過ごしたいです…

美容の先生美容の先生

すっぴんは恥ずかしいのでメイクしたまま寝るという方もいますが、おすすめはできません。
肌への負担が大きくなってしまうので、肌トラブルがより悪化してしまう危険があるからです。
そんなとき、赤みを抑えてくれるスキンケアクリームがあります。

美容の先生美容の先生

「G9SKIN ホワイトホイッピングクリーム ミントグリーン」は韓国のウユクリームとシカクリームが合わさったものです。
ウユクリームというのは直訳すると「牛乳クリーム」という意味で、肌を牛乳のように白くトーンアップしてくれるクリームを指します。
シカクリームは韓国では「皮ふ再生クリーム」と呼ばれていて、ニキビやシミ、しわなどを改善する成分が入ったクリームのことです。

うっぴー。うっぴー。

どうやって使うんですか?

美容の先生美容の先生

使い方は、スキンケアの最後に適量を肌にぬるだけです。
スキンケアクリームなのでつけたまま寝ても大丈夫です。
顔以外の腕や足に塗って使うこともできます。

うっぴー。うっぴー。

つけたまま寝れるのはうれしいです!

美容の先生美容の先生

さっぱりとしたクリームですぐに肌になじみます。
塗ったあともべたべたもせず、さらっとした肌になります。

うっぴー。うっぴー。

韓国コスメってあまり売っているところを見かけないですよね?

美容の先生美容の先生

韓国コスメは優秀なものがとても多いですが、まだあまり日本では普及していないものが多いです。
バラエティショップで取り扱いがあるお店もありますが、探すのが大変ならネットショップが便利です。

スキンケアの方法を間違えると赤みの原因になる⁉

美容の先生美容の先生

ここまで赤みを隠すメイクやコスメを紹介してきましたが、根本となる赤みがなくなることが理想です。
肌に出てくる赤みにも種類があります。

うっぴー。うっぴー。

たしかに赤みがなくなるのが一番うれしいです!

美容の先生美容の先生

多くの方が悩まれるのは「ニキビ」です。
ニキビの対策には肌を清潔にし、規則正しい食生活を心がけることが大事です。
なかなか良くならなかったり、悪化してしまったりするような場合には皮膚科で薬を出してもらうこともできます。

うっぴー。うっぴー。

病院の薬が一番早く良くなりそうですね。

美容の先生美容の先生

ほほの赤みも目立つ赤みです。
顔の毛細血管が透けてしまうと顔の赤みが出てきてしまいます。

うっぴー。うっぴー。

ほほの赤みは血管の色だったんですね!

美容の先生美容の先生

私も幼いころから赤ら顔で悩んでいました。
私の場合は生まれつきなのですが、洗顔やメイク落としのときに強くこすると皮膚がうすくなって毛細血管が透けやすくなってしまいます。

うっぴー。うっぴー。

やさしく洗顔したほうがいいんですね!

美容の先生美容の先生

また、化粧水をつけるときに肌にたたきこむようにパッティングする方法があります。
パッティング自体は間違っていないのですが、赤ら顔の方がパッティングをすると刺激が加わって赤みが増してしまうことがあります。
赤ら顔で悩んでいる方はスキンケアもやさしく行うことを心がけましょう。

まとめ

今回は「肌の赤みを隠すメイク術!かんたんな方法とおすすめコスメをご紹介!」について解説しました。

広い範囲の赤みには緑のコントロールカラー!

ほほやおでこなど広い範囲の赤みはコントロールカラーを使う
・CandyDoll ブライトピュアベース ミントグリーン+HERB
・RMK ベーシックコントロールカラー N  03グリーン

にきびの赤みはコンシーラーで隠す!

ニキビなどのポイントの赤みはコンシーラーで隠す
・ザ セム カバーパーフェクションチップコンシーラー 01クリアベージュ
・ナーズ ラディアントクリーミーコンシーラー #VANILLA
・セザンヌ 赤み補正コンシーラー ソフトグリーン

すっぴんもスキンケアクリームでカバー!

スキンケアクリームはつけたまま寝ても大丈夫
・G9SKIN ホワイトホイッピングクリーム ミントグリーン

スキンケアの方法を間違えると赤みの原因になる⁉

ニキビ対策には肌を清潔にして、規則正しい生活を送ることが大事。
肌の赤みはスキンケアの刺激が原因になることもある。
スキンケアはやさしく行う。

赤み肌にはやさしくスキンケアを行い、肌の負担にならないように心がけてください。
ぜひ参考にしてみてください。