肌にいい食べ物はコンビニで!手軽に買える食べ物で美肌を作る方法

女性はいつでも美肌をキープしたいですよね。
でもなかなか食事に気をつけるのは大変。
そんなかたに向けて、コンビニで手に入る肌にいい食べ物を紹介します。

私も一人暮らしを始めたばかりのときは、好きなものばかり食べて肌もボロボロでした。
買い物はほとんどコンビニでしたが、気をつけるようになってから、だんだん肌もよくなってきました。
今もコンビニランチが多いので、バランスを考えて買うようにしています。

最近はコンビニでも栄養を考えた食べものが多く売られるようになってきました。
ちょっと気をつけるだけで肌もよくなりますよ。

この記事では肌にいい食べものだけでなく、美肌に必要な栄養素まで書いています。

日ごろの食事のバランスは、どうしてもかたよってしまいがちですよね。
かたよった食事は肌に悪いだけでなく健康にも影響がでてしまいます。

この記事を読めば肌にいい食べ物がすぐにわかります。
また、食べ物を選ぶちょっとしたコツも書いていますのですぐに実践できますよ。

手軽に美肌をゲットしましょう。


ニキビにも種類があった?年齢で出やすいニキビとは

急にプツッとできてしまうニキビ。
実はニキビにも種類があると知っていますか。
まずはニキビの種類と原因を紹介します。

思春期のニキビは「おでこ」「鼻」に多い

10代に多いニキビは過剰な皮脂のせいで毛穴がつまって起こります。
特にTゾーンとよばれる「おでこ」や「鼻」など皮脂の多い部分にできやすいニキビです。

おでこのニキビは皮脂だけでなく、前髪やシャンプーの洗い残しなどでもできてしまうことがあるので注意が必要です。
皮脂や汚れをしっかり洗い流すことが大切です。

大人のニキビは乾燥しやすい「口」「あご」に

年齢が上がるとニキビが出やすい場所も変わります。
大人のニキビは「口」「あご」に出やすくなります。

大人のニキビの原因は寝不足やストレス、不規則な生活です。
食生活やホルモンバランスの乱れも原因になります。

どちらのニキビも食べものが影響してきます。
普段からバランスの良い食事をとることが大事です。
また、原因によって気をつける食べものも変わってきます。

ニキビを悪化させる「脂質」「糖分」「塩分」に注意

食べものによってはニキビを悪化させてしまうものがあります。
ではどのような食べものに気をつけたらいいのでしょうか。
詳しく紹介していきます。

脂質が多い「ポテチ」「チョコ」はついつい食べがち

脂質を取りすぎる肌の皮脂腺が余分な皮脂を分泌します。
余分な皮脂が毛穴につまるとニキビの原因になります。

脂質の多い「ポテトチップス」などのスナック菓子や「チョコレート」などはついつい食べてしまうので食べすぎに注意しましょう。

私もポテトチップスが大好きなので、ついつい食べすぎてしまいます。
食べすぎた次の日は肌のコンディションが落ちてしまうことが多いです。
私は食べすぎ防止に小さい袋のポテトチップスを買うようにしています。(笑)

「スイーツ」や「ジュース」には多くの糖分が

糖分をとりすぎると、ビタミンB群が大量に消費されます。
ビタミンB群は肌を健やかに保つ効果があります。
ビタミンB群が不足すると皮脂分泌のコントロール機能が乱れて肌が脂っぽくなり、ニキビができやすくなります

「スイーツ」や「ジュース」には意外と多くの糖分が入っています。
とりすぎないようにしましょう。

私も糖分の取りすぎに気をつけようと果汁100%のジュースを飲んでいたことがありました。
しかし、果物にも糖分は多く含まれています。
そのため、あまり糖分を減らすことはできませんでした。

「ラーメン」「パン」は意外と塩分高め

塩分を取りすぎると塩分濃度を保つため、体内の水分がたくさん消費されてしまいます。
体の水分が不足すると肌は乾燥していきます。
肌が乾燥すると肌荒れしやすくなり、ニキビができやすくなります

塩分が多い食べものは「ラーメン」「パン」など。
ラーメンはスープだけでなく、麺にも塩分が含まれています。

私はラーメンを食べるとき、スープは飲み干さないように気をつけています。
麺にも塩分が入っているので、スープまで飲み干してしまうとかなりの塩分を摂取してしまいますね。

脂質、糖分、塩分の取りすぎは良くないのですが、体に必要な栄養になります。

全くとらないようにするのではなく、適度にとるようにしましょう。


「タンパク質」「食物繊維」「ビタミンC」は積極的にとろう!

コンビニにも肌にいい食べものがたくさんあります。
少し意識して取り入れるだけでも効果があります。
参考にしてみてください。

「サラダチキン」や「ヨーグルト」で代謝アップ

タンパク質は体をつくるもとになる栄養素です。
タンパク質を多くとると代謝も上がるためダイエットにも効果があります。
タンパク質は積極的にとりたい栄養ですね。

サラダチキン」や「ヨーグルト」はコンビニでかんたんに手に入るのでオススメです。

特にサラダチキンは各コンビニで置いていますし、味のバリエーションも多いです。
私のお気に入りは「ハーブ味」なのですが、定番のプレーンやレモン味、タンドリー味などたくさんあります。
飽きずに続けられそうですよね。

便秘解消には「納豆」「海藻サラダ」が効果あり

食物繊維は便通をよくする効果があります。
肌荒れの原因となる毒素の排出をうながすため、食物繊維は肌荒れに効果がある栄養素です。

納豆」や「海藻サラダ」には多くの食物繊維が含まれているのでランチに1品プラスしてみましょう。

私は納豆が好きなので、お昼に「納豆巻き」や、おくらや納豆などのねばねば食材が入った「ねばねば丼」などを食べることも多いです。
私の友人もお肌つるつるなのですが、よく納豆を食べています。

「スムージー」「ビタミンドリンク」でストレスから肌を守る

ビタミンCは肌の回復に効果があります。
また、体にストレスがかかったときもビタミンCが消費されます。
ストレスがあると肌の回復につかわれるビタミンCが不足して肌荒れになってしまいます。

ビタミンCは水に溶けやすいので「スムージー」や「ビタミンドリンク」でとるのがオススメです。

肌にいい食べものといっても、食べすぎはよくありません。
バランスのいい食事を心がけましょう。

コンビニの食品でバランスのいい食事に

コンビニにはたくさんの商品が売っています。
コンビニの食べものだけでもバランスのいい食事ができるのです。

朝食は軽めに「スムージー」や「ヨーグルト」

朝食はあまりたくさん食べられないというかたも多いのではないでしょうか。

朝食は軽めに「スムージー」や「ヨーグルト」がオススメです。
ヨーグルトはタンパク質がとれるだけでなく、腸内環境を整える効果もあります。

時間がないかたや普段朝食をとらないかたも始めやすいのではないでしょうか。

昼食は「鮭のおにぎり」と「豆乳」で美肌効果アップ

昼食におすすめなのは「鮭のおにぎり」と「豆乳」です。
特に鮭は最近スーパーフードとして注目されています。
鮭に含まれる「アスタキサンチン」という成分に抗酸化作用があり、高い美肌効果があります。

また、豆乳に含まれる「イソフラボン」はビタミンDを増やす効果があります。
そのため、鮭と一緒に食べると美容効果が高まります。

夕食は「サラダチキン」や「ゆでたまご」でタンパク質を

夕食は高たんぱくですがボリュームがあるのでかなり食べごたえがあります。

また、おすすめしたい食べ物は「ゆでたまご」です。
たまごには、ぷるぷる肌をつくるために必要な必須アミノ酸を含んでいます。
必須アミノ酸は体で作ることができないので、食べものでしっかりとることが大事です。

まとめ

今回は「肌にいい食べ物はコンビニで!手軽に買える食べ物で美肌を作る方法」について紹介しました。

ニキビにも種類があった?年齢で出やすいニキビとは
思春期は「おでこ」「鼻」、大人は「口」「あご」にニキビが出やすくなる。

ニキビを悪化させる「脂質」「糖分」「塩分」に注意
「脂質」「糖分」「塩分」の取りすぎは肌に良くない。
しかし、必要な栄養素でもあるので適度にとるのがよい。

「タンパク質」「食物繊維」「ビタミンC」は積極的にとろう!

  • タンパク質を多く含むものは「サラダチキン」「ヨーグルト」。
  • 食物繊維を多く含むものは「納豆」「海藻サラダ」。
  • ビタミンCを多く含むものは「スムージー」「ビタミンドリンク」。

コンビニの食品でバランスのいい食事に

  • 朝食には「パン」と「ヨーグルト」。
  • 昼食には「鮭のおにぎり」と「豆乳」。
  • 夕食には「サラダチキン」や「ゆでたまご」。

コンビニで買える食品でも美肌になれるものは意外とたくさんあります。
この記事を参考に美肌をゲットしてくださいね。