肌が汚いことがコンプレックスでも諦めない!克服方法を公開!!

うっぴー。うっぴー。

肌が汚くて人前に出るのが怖いわ…
肌荒れが気になって好きな人にも話しかけられない…


美容の先生美容の先生

うっぴー。さんは、自分のお肌でお悩みですか?
こんにちは、日鞠です。

うっぴー。うっぴー。

日鞠さん、こんにちは。
実は、肌さえきれいだったらもっと楽しく過ごせるのにと、いつも悩んでしまいます…

美容の先生美容の先生

今回は「肌が汚いことがコンプレックスでも諦めない方法」について紹介します。
実は、私も肌へのコンプレックスでずっと悩んでいました。


うっぴー。うっぴー。

そうだったんですね。
肌が汚いせいで周りの目が気になって、いつもうつむいて歩くのがクセになってます。

美容の先生美容の先生

その気持ちよくわかります
私も肌のせいで性格も後ろ向きになり、とても消極的になってしまっていました。
でも、私は肌のコンプレックスを克服すると、性格も明るくなりました。

うっぴー。うっぴー。

ほんとですか?私も前向きに明るくなりたいです!

美容の先生美容の先生

コンプレックス克服のため、外からも中からも自分をみがいていけば、きっとうっぴー。さんも、前向きになれますよ!一緒に頑張りましょう!

うっぴー。うっぴー。

はい!私も頑張ります!


肌荒れの原因はこの3つ!皮脂・乾燥・紫外線に気をつけろ!!


美容の先生美容の先生

まずは、肌荒れの原因の代表的なものを、3つ紹介します。

ニキビや吹き出物の原因は皮脂!

美容の先生美容の先生

ニキビや吹き出物は、肌荒れの代表ですよね。
うっぴー。さん、ニキビの原因はわかりますか?

うっぴー。うっぴー。

ニキビの原因は、皮脂ですか?

美容の先生美容の先生

正解!
皮脂がですぎると、毛穴が詰まってしまいまい、ニキビや吹き出物になります。

そんな皮脂ですが、肌を守るための大切な役割を果たしています。
決して、悪者ではないのです。
そもそもなぜ、皮脂がたくさん出てしまうのか。

それには、ホルモンバランスが関係しています。
男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂がたくさん分泌され、肌荒れの原因になってしまいます。

無理につぶしてしまうと、つぶした後に跡が残り、一生モノの傷跡になることも。

乾燥が肌のバリア機能を低下させる

美容の先生美容の先生

乾燥もお肌にとっては大敵です。

うっぴー。うっぴー。

私は乾燥肌で困っています。

美容の先生美容の先生

肌が乾燥しているのは、肌のバリア機能が低下してしまっている証拠です。
肌が乾燥すると、肌のターンオーバーがうまくいかず、角質が分厚くなっていきます。

ターンオーバーがうまくいかない状況が続くと、肌のバリア機能はどんどん低下していきます。
バリア機能が低下すると、やがて肌に赤みが出てきたり、皮がめくれたりしてきます。
唇は乾燥するとカサカサになって、皮がめくれますよね。
私も冬場、よく唇が乾燥して、ひび割れたり、ひどいと切れて血が出ることもあります。

肌にも同じことが起こります。
エアコンの効いた室内にずっといたり、スキンケアをサボってしまうと、肌はすぐに乾燥します。
年中エアコンの中で過ごすことも多い現代。
常に肌は乾燥の危険にさらされているんです。

乾燥すると、バリア機能が低下するだけじゃなく、肌のキメも荒くなってきてしまいます。
キメの荒い肌は、メイクのノリも悪くなり、見た目も老けた印象を与えてしまいます。

紫外線が与える肌ダメージ!

美容の先生美容の先生

一番やっかいなのは、紫外線です。
皮脂と乾燥に悪い影響を与えます。

うっぴー。うっぴー。

なぜ紫外線が一番やっかいなのですか

美容の先生美容の先生

紫外線を浴びると、皮脂が酸化を起こします。
酸化を起こした皮脂が毛穴に詰まると、毛穴を刺激し、ニキビが悪化することもあります。
悪化するだけでなく、ニキビの回復まで遅らせることにもつながります。

うっぴー。うっぴー。

紫外線もニキビの原因になるんですね

美容の先生美容の先生

はい。
そして、日焼けしたら乾燥しますよね。
まさに、紫外線が乾燥の原因になります。


うっぴー。うっぴー。

紫外線は、皮脂も乾燥も両方引き起こしていたんですね

紫外線によるダメージがたまっていくと、肌はダメージから私たちをまもろうと、角質を分厚くしていきます。
さらに、肌の内部ではバリア機能が低下して水分が蒸発しやすい状況になってきます。

乾燥も進み、肌の表面はゴワゴワのガサガサに。紫外線は私たちの肌を、外からも中からも壊していくのです。

肌荒れの原因別対策法。これだけは押さえよう!

美容の先生美容の先生

次は肌荒れの対策です。
できるものからチャレンジしてみましょう。


皮脂対策のカギは洗顔

美容の先生美容の先生

皮脂の予防と言えば、まっさきに思いつくのが洗顔だと思います。
うっぴー。さんは、どのように洗顔していますか?

うっぴー。うっぴー。

泡立てネットで泡立てて洗っています。

美容の先生美容の先生

素晴らしいですね!
洗顔はごしごし洗うのではなく、たっぷりと泡を立てて、やさしく顔を包み込むようにして洗いましょう。

うっぴー。うっぴー。

はい、わかりました。

洗顔の回数は1日2回までにして、皮脂が少ない朝は、水洗顔だけにするか、洗浄力の低い洗顔料を使うようにしましょう。
洗い終わったあとに、肌がつっぱっていない、逆に皮脂がまだ残っていないか、自分の肌を確認しましょう。
季節によって、肌の状態も変わってくるので、毎日肌状態はチェックするようにしましょう。

乾燥対策は保湿だけじゃない!

美容の先生美容の先生

乾燥対策には、やはり保湿が大切。
ですが、保湿以外にも大切にしたいポイントがいくつかあります。

うっぴー。うっぴー。

何でしょうか

美容の先生美容の先生

実は洗顔後のタオル。
ゴワゴワしたタオルではなく、ふわふわのタオルでやさしく水分を拭き取りましょう。

うっぴー。うっぴー。

どうしてふわふわのタオルがいいのですか

美容の先生美容の先生

ごしごし拭いてしまうと、乾燥するだけじゃなく、刺激で肌を傷つけてしまうので、要注意です!

うっぴー。うっぴー。

そうだったんですね!
タオルは気にしたことがありませんでした。
明日から、タオルも気をつけます!

美容の先生美容の先生

はい、お願いします。
あとは油分。忘れず油分もしっかり補給してあげましょう。
油分の補給には、乳液や美容オイルの使用が効果的です。


べたつきが苦手な人がいますが、さっぱりとした使い心地のアイテムも売られています。
自分の好みにあったアイテムを見つけて、使ってみましょう。

べたつきが嫌いな私が愛用しているのは、無印良品の乳液です。

さっぱりタイプという名前のとおり、とてもさっぱりとした付け心地です。
保湿力は高いので、冬場の乾燥が気になるときや、夏場の紫外線を浴びた日の夜に浸かっています。
ふだんも、洗顔後につっぱりが気になったときは、無印良品の乳液で、乾燥対策をおこなっています。

乾燥がひどく、敏感肌でもある、私の母も愛用している乳液です。
母は、無印良品の乳液のおかげで、つらい乾燥が治ったと喜んでいました。

自信をもっておすすめできる、乳液です。

日焼け止めと傘・帽子で紫外線から肌を守る!

美容の先生美容の先生

紫外線対策は日焼け止めは必須。
日焼け止めは、朝の外出前に塗るだけではなくこまめに塗り直しをしましょう。
また、日焼け止めだけでなく、日傘をさしたり、帽子をかぶるのもおすすめです。

日焼け止めでは、髪の毛や頭皮を守ることはできません。
ですが、日傘や帽子を利用すれば、髪の毛や頭皮もしっかりガードできます。
とくに日傘は、晴雨兼用タイプが多いので、一本持っておくと便利です。

梅雨の時期は、晴雨兼用傘を持って外出すれば、雨の心配もありません。
お気に入りの傘をさして歩けば、気分もあがるので、ぜひこの夏は日傘を買いましょう。

夏になると、百貨店でも日傘や晴雨兼用傘が売り出されます。
しかも、よくセールになっています。

いつもは高くて買えない、あこがれのブランドのアイテムも、傘なら手が出る値段になっているときもあります。

私はセールでイブサンローランの日傘をゲットしました。
シンプルでどんな服にも合いますし、長く使えるデザインです。
なにより、大好きなブランドの傘をさしているだけで、テンションがあがります。

あなたもこの夏は、百貨店の傘売り場を探検してみましょう。
掘り出し物に会える確率大ですよ。


コンプレックスの克服法!みんなきれいになれる!!

美容の先生美容の先生

ここからは、コンプレックスのお話です。
私も、小学生のころからニキビがひどかったので、汚い肌がコンプレックスでした。


うっぴー。うっぴー。

コンプレックスは、私もぜひ克服したいです。

美容の先生美容の先生

ずっと肌荒れに悩んでいた私がコンプレックスを克服した方法を、
皆さんにもお伝えしますね。

おでこを出す

美容の先生美容の先生

まずは思い切って、おでこを出しましょう!

うっぴー。うっぴー。

おでこを出す…私にはハードルが高すぎます…

美容の先生美容の先生

おでこはニキビのできやすい場所。
どうしても恥ずかしくて、隠したい気持ちはよくわかります。
でも、おでこを出すと肌を清潔に保てるし気持ちも明るくなってきます。


うっぴー。うっぴー。

でもいきなりおでこなんか出したら、みんなに笑われるんじゃ…

美容の先生美容の先生

大丈夫です!私も最初はそうでした。


おでこを隠したままだと、汚れが溜まりやすくなり、肌荒れも起こしやすいです。
前髪で肌荒れを隠している人も多いですが、それは肌荒れを悪化させている結果に。

肌荒れを見せたくない気もちはよくわかります。
私もずっと隠していました。
こんなニキビでいっぱいの肌を見せていたら、余計にからかわれる。
恥ずかしい。

そんな恥ずかしい気もちから、前髪をずっと伸ばして、おでこを必死で隠していました。
でも、あるとき勇気を出しておでこを出してみたんです。

最初は怖かったです。
びくびくしながら、外に出ていました。
周りの子からからかわれないかな。
いじめられたりしないかな。

美容の先生美容の先生

最初の一週間くらいは、不安でいっぱいでした。
ですが、だんだん慣れてきて人の目も気にならなくなってきました。
とくに何か言われたり、いじめられたりすることもありませんでした。

うっぴー。うっぴー。

ほんとですか…

美容の先生美容の先生

すると、ニキビも完ぺきになくなったわけではありませんが、目立たたなくなってきたんです。

うっぴー。うっぴー。

そうなんですね!
ニキビが目立たなくなるのはうれしいです!

美容の先生美容の先生

少しのことですが、お肌にも気もちにも、効果はありますよ。

うっぴー。うっぴー。

じゃあ、勇気を出しておでこを出してみます!

美容の先生美容の先生

はい、きっと前向きになれますよ!

メイクをする

美容の先生美容の先生

メイクこそ、女の子の強い味方です。
肌荒れをカバーできるし、かわいくなった自分に自信もつきます。

おでこを出す決心はついたけど、やっぱり見られるのは恥ずかしい。
デートのときや、お出かけをするときは、抵抗がある。
まだまだおでこを出すことになれないとき、どうしても恥ずかしいときは、メイクで肌荒れをカバーしちゃえばいいんです。
下地やファンデーション、コンシーラーを上手に使えば、肌荒れも、肌荒れの跡も、目立たなくすることができます。

メイクで大切なのは、自分の肌に合ったものをえらぶこと。
カバー力が高すぎたり、肌への密着力が高いものを使えば、肌荒れが悪化する場合があります。

今はニキビができにくいファンデーションやミネラルファンデーションもあります。
中には、ノーメイクよりも肌に優しいファンデーションや、24時間つけていられるファンデーションなんかも売っています。
メイクのすごいところは、コンプレックスだった肌荒れだけじゃなく、奥二重や短いまつ毛もカバーできるところ。

美容の先生美容の先生

私は奥二重と短いまつ毛もコンプレックスでした。
姉がぱっちり二重で、おまけにまつ毛はふさふさのロングだったので、よけいにコンプレックスに思っていました。

うっぴー。うっぴー。

私も日鞠さんと同じで、奥二重でまつ毛も短いです…

美容の先生美容の先生

でも、メイクをすれば、奥二重も活かしたアイメイクがあるし、まつ毛だってマスカラで長くできます。
なにより、メイクをすると自分に自信がつくんです!

うっぴー。うっぴー。

自分に自信…ですか。

美容の先生美容の先生

そうです!
自分に自信がつけば、積極的に人に話しかけることができるし、引っ込み思案の性格も変わっていきました。

うっぴー。うっぴー。

メイクで自分の性格も変えることができたということですね!

美容の先生美容の先生

そうです。
すると、不思議なことに肌荒れもおさまってきました。
ストレスは美肌の大敵なので、ストレスからお肌を解放してあげることも大事だったということに、気がつきました。

隣の席に座った子とすぐに仲良くなれたり、サークルでもたくさんの先輩と知り合うことができました。
昔の私からは、考えられないくらい、明るくなりました。

肌荒れを気にしていたころは、隣に座った子に話しかけるなんて、絶対できませんでした。
肌荒れを見られるのも、顔をあげるのもいやでした。
年上の人と話すなんて、もっと無理でした。
怖くて、なるべくかかわらないようにしていました。

ずっとうつむいていた私でも、少し肌がきれいになるだけで、正反対の私になれたんです。
だから、今肌荒れに悩んでいるあなただって、必ず変わることができます。

ただ、積極的になりすぎるのは禁物です。
人との距離感は大切にしましょう。
私は積極的になりすぎて、何度も距離感を間違えたことがあります。
近づきすぎず、遠すぎず。
自分も相手も心地いい距離感で、付き合っていきましょう。

美容の先生美容の先生

病は気からではないですが、美肌は気から。
メイクを味方につけて、イキイキした毎日を目指しましょう。

前を向く

美容の先生美容の先生

前を向くこともとても大切です!

うっぴー。うっぴー。

前を向くって、姿勢のことですか

美容の先生美容の先生

はい、そうです。
おでこを隠すのと共通した部分もありますが、下を向いていると、人目が余計に気になってきます。
うつむくと気もちが暗くなる、どんどん人目が怖くなってきます。

うっぴー。うっぴー。

私は、みんなが自分の汚い肌を見てるんじゃないか、笑ってるんじゃないかという気もちになってることがあります。

美容の先生美容の先生

でも、そんなことはないんですよね。
前を向くと気もちも明るくなってきますし、意外と人は自分のことを見てないと気がつきます。


うっぴー。うっぴー。

意外と人は見ていない…なんか、聞いたことあります。

美容の先生美容の先生

そして、意外と肌荒れしている人も多いんですよ!
肌荒れしてても堂々としている人はたくさんいるので、コンプレックスに思っていた肌も、受け入れられるようになってきます。

うっぴー。うっぴー。

そうか、肌荒れは私だけの悩みじゃないんだ

気もちが明るくなってくれば、
コンプレックスなのは変わらないし、肌荒れが治ったわけじゃないけど、それでもいいかなって思えるようになります。

肌荒れを受け入れる余裕が出てくると、治すために頑張ろうという気もちも出てきます。
肌荒れをコンプレックスに思っていて、自分のカラに閉じこもっていた時は、肌荒れを治そうとする気力も出てきませんでした。

でも、ほんの少し余裕が出てくると、肌荒れも治せるかもしれないと前向きな気もちも同時に育ってきます。

そんなうまい話ないよと思う人もいますが、私はそんなうまい話がありました。
おかげさまで、肌荒れを克服しています。

肌荒れを克服できたことは、自信にもつながっています。
ひどい肌荒れを治すことができたんだから、どんな問題だって解決できると、自分の力を信じることができるようになりました。

だまされたと思ってやってみる価値は十分にありますよ。

エッセイを読む

美容の先生美容の先生

自分と同じ悩みを持っていた人、似た悩みを持っていた人のエッセイを読んでみるのもいいですね。
どうやってコンプレックスを克服したのかがわかるエッセイを読むのは、とても効果的です。

肌荒れだけじゃなく、見た目にコンプレックスを持っている人は多いんです。
体型だったり、容姿だったり、くせっ毛だったり。
自分以外の人も、コンプレックスかかえて生きているということが分かると、心細かった気もちが消えていきます。

コンプレックスで悩んでいるときは、自分がどうしようもなくダメに思えてきたりするものです。
こんなに肌荒れはひどいのは私だけだ。
肌荒れが治らない自分は、ダメな奴だ。

考えれば考えるほど、悪い方向にいってしまいます。
でも、落ち込んでいるときに、自分以上に悩んでいる人、昔悩んでいた人の存在を知れば、仲間がいると心強くなります。
励まされます。

とくに、コンプレックスを克服した人のエッセイは、希望になります。
一生治らないと思っていた肌荒れが、治るかもしれないと希望がもてるようになってきます。

さらに、具体的な解決方法を知ることもできるので、一石二鳥なんです。

エッセイを読みましょう。
自分と同じ悩みを持っている人でも、そうでない人でも。
どんな人のエッセイでも、読んでみましょう。
エッセイを読むことで視野が広がり、いつの間にか肌荒れも気にならなくなったり、コンプレックスも克服できていますよ。

まとめ

肌荒れの原因はこの3つ!皮脂・乾燥・紫外線に気をつけろ!!

⦁ 皮脂 ニキビ・吹き出物の原因
⦁ 乾燥 ターンオーバーの乱れ・肌のキメがなくなる
⦁ 紫外線 皮脂と乾燥を悪化させる

肌荒れの原因別対策法。これだけは押さえよう!!

⦁ 皮脂 洗顔(一日2回まで)
⦁ 乾燥 保湿・やわらかいタオルを使う
⦁ 紫外線 日焼け止め・日傘

コンプレックスの克服法!みんなきれいになれる!!

⦁ おでこを出す 肌を清潔にたもつ・前向きになれる
⦁ メイクをする 肌荒れをカバー・かわいくなれる
⦁ 前を向く 人目が気にならなくなる
⦁ エッセイを読む 心細さがなくなる・参考にできる

コンプレックスは、みんなが抱えているものです。
でも、そのコンプレックスのせいで、自分のもともともっているの魅力が見えなくなってしまうのは、とてももったいないことです。

私たちは、コンプレックスを克服する強さを必ずもっています。
コンプレックスの克服と聞くと、コンプレックスをなくさないといけないと思いがちですが、決してそうではありません。

ときには、コンプレックスを受け入れて、共存していくことも大切です。
奥二重がコンプレックスだった私も、今では奥二重を活かしたメイクを勉強して、毎日メイクを楽しんでいます。

もちろん、ぱっちり二重にあこがれる気もちはあります。
でも、奥二重だから私の顔のバランスはちょうどいいのかな、なんて思ったりしています。

自分の肌も、顔も、体も、全部自分が作ってきたもの。
そして、これから作っていくものです。
だから、コンプレックスになんて思わず、大切にしてあげましょう。

決して否定せずに、受け入れて、そのうえでよりよい方向にいくように、努力していきましょう。

自分の肌も、心も、自分で変えることができるんです。
自分の努力次第で、変えることができる。
このことを忘れないでくださいね。