美肌に睡眠はとても大事だった!~年単位で様々な睡眠をした体験談〜

「最近お肌の調子が悪い。」
「どのスキンケア試しても肌の調子が治らない」
「化粧ノリが悪い。」

そんなみなさんに向けてご紹介します。

こんにちは、お布団が恋人のふーちゃんです。
今回は「美肌には適切な睡眠が大切」ということをご紹介します。
実は私、3年間ほど、睡眠時間約4時間で休みの日は丸1日寝るだけのバイト詰めな日々を経験していました。
お肌はボロボロで体も心も疲れ果てていました。

現在は、しっかり朝日を浴び7時間睡眠です。
おかげで、お肌の調子は肌荒れしらずの絶好調なんです。
4時間すいみんと7時間睡眠でどのようにお肌が変わるのか実際の体験談をご紹介していきます。


*適切な睡眠時間は6〜7時間

●4時間睡眠をしていた時

最初の3日間くらいは眠い、寝たりないという感覚でしかありませんでした。
1週間をすぎた頃には、なんと、お肌がボロボロになってしまいました。

・ニキビ
・カサつき
・ザラザラ

お肌が悲鳴をあげていて、スキンケアに力を入れても効果は得られず、それでも寝る時間がない私は、3年間もこの生活をしていて、とうとうお化粧もできないほどお肌が荒れてしまいました。

●7時間睡眠をしはじめると

2週間ほどで変化を感じられました。

・化粧ノリが良い
・化粧水の吸い込みが全然違う
・他人からみても綺麗な肌

生活が変わりまず気づいたのは化粧ノリが良いことです。

次に、他人からとても綺麗なお肌で羨ましいと言われるようになり効果を実感しました。

私の場合は、バイトから就職し、しっかり決まった時間で睡眠を7時間取るようになり自然とお肌の調子がよくなりました。

普段の睡眠時間は人によって様々です。

4時間ほどというかた、逆に10時間は寝ているという方もいます。

ちょっと待ってください!寝すぎも、寝なさすぎもお肌にとーっても悪いんです。

適切な時間6〜7時間を意識して睡眠を取ってみてください。

*寝すぎもお肌に悪すぎる?!

「たくさん寝ればいいんだよね?」と思っている方がが多いです。
私も初も同じ考えでした。

普段睡眠時間が短かった私は、休日は丸1日寝ていました。
実はこれ、逆効果なんです。

寝すぎもお肌には悪いようで、肌荒れは増していきました。

「全然治らない!!」

それも当然でした。適切な睡眠時間をオーバーしてしまい逆にお肌の調子をさらに悪化させているだけです。

・寝ても寝ても体がだるい
・たくさん寝ても肌はよくならず疲れるだけ

※寝るだけでもしっかりと体力は使われるので、運動した後放置しているようなもの

運動した後はしっかりとお風呂に入るなどしてケアしますよね?
ケアできていないので結果お肌はボロボロになってしまうんです。

ただ睡眠をとっているだけでもとてもお肌や体には影響を与えてしまうので、寝すぎには気をつけてください.


*午後10時〜午前2時のプリンセスタイムを逃すな!

先ほどお伝えした7時間の睡眠を取るならいつ寝てもOKではないんです。
午後10時〜午前2時を含めて適切な時間の睡眠をとってください。

私は肌の改善と思い、とりあえず7時間寝ようと朝の8時から午後3時までの睡眠をとっていました。

確かに4時間睡眠の時よりはお肌の調子はよかったのですが、効果はいまいち。

何年も前に目にしたテレビ番組で、

・午後10時〜午前2時はお肌のプリンセスタイム

という情報を耳にしたことがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、これを試したみたところ、今までとは比べ物にならないくらいのお肌の変わりようでした。

・ツヤツヤ
・もちもち

自分の肌を永遠に触っていたいほどに!

実は、この午後10時〜午前2時の時間に成長ホルモンが分泌が盛んになることが理由の1つのようです。

成長ホルモンは新陳代謝を促す役目があり、肌にはターンオーバーというリズムがあります。

睡眠をとることで新陳代謝が上がります。

肌のターンオーバーも促進され美肌に生まれ変わるというわけです。

ただ寝ればいいというわけではなく、お肌の生まれ変わる時間もしっかり含めて寝ることで美肌に近づけます。

*睡眠をとって心を健康にし、お肌への影響を減らす

心も健康になることでストレスを減らし、お肌へのストレスもゼロにしていきましょう。

夜更かし、短時間睡眠を続けていた私は、心身ともにボロボロでした。
考え方がネガティブになり、さらにお肌に出やすい体質でした。

・ストレスニキビ
・ポツポツ

ひどかったです。

プリンセスタイムを含め7時間睡眠に変わった結果、心も元気で肌へのストレスもなくなりました。

ストレスを抱えると肌の調子が悪くなったり体の調子が悪くなりますよね。
睡眠はお肌の調子だけでなく心も健康にしてくれます。

心も健康にし、お肌への負担を減らしましょう。

*朝日を浴びて睡眠のサイクルをつくろう

夜眠れない、結局朝になってしまう。

わかります。私は朝寝て夕方起床の昼夜逆転タイプでした。

ですが、朝日を浴びなければ体内時計は狂う一方。

そこで私が実践した方法

※体に負荷がかかるため体調を考慮し行ってください

①まずはどれだけ睡眠時間が短くとも朝8時ごろには起きる
②夕方起床してから丸1日起き続けて夜になったら眠る
③お酒を飲み無理矢理寝る

を試しました。

正直②・③はお勧めできません。
ただただしんどいです。
①が一番効率がよかったです。
睡眠時間が短いですが、8時に起床することで自然と夜眠くなり、翌朝しっかりと目が覚めることができました。
ですが、私は朝にとても弱いので、1時間ほどは座ってぼーっとしています。
すぐ動けなくても大丈夫なので、まずは朝起きてみてください。
そして、体内時計を正常な状態に戻してあげてください。

*なかなか寝付けないへ

なかなか寝付けない方多いかとおもいます。

そんな方はぜひ次のことを試してみてください

・アロマを使ってみる
加湿器などにアロマを一滴垂らしてリラックスしてみてください。

・アイマスクを使ってみる
目元を温め血行をよくすることで、自然と寝ることができます

・少量のお酒を飲む
成人している方でお酒が飲める方はぜひ試してみてください。
少量のお酒を飲み血行をよくすることで、眠ることができます。

私は一番アイマスクが寝れました。
目元が暖かく目が隠れているのでスマホ等もさわれないので自然と眠れました。

ぜひ試してみてください。

*まとめ

適切な睡眠時間は6〜7時間

適切な睡眠をとることで、化粧ノリや化粧水の吸い込みが全然違う。
他人からみても綺麗な肌と効果がかなり得られます。

寝すぎもお肌に悪すぎる

寝ている間も体力は使っているので、運動した後と同じ。
運動した後のケアを怠ればお肌もボロボロになってしまうので、寝すぎもお肌にはとても悪いんです。

午後10時〜午前2時のプリンセスタイムを逃すな

午後10時〜午前2時は成長ホルモンの分泌が盛んになり、新陳代謝を促します。
肌のターンオーバーのリズムを整え美肌に生まれ変われるんです。
睡眠をとって心を健康にし、お肌への影響を減らす。
睡眠が上手くできないと心も疲れてしまいます。
ストレスはお肌への影響はとても大きいのでしっかり適切な睡眠をとって心を健康にすることでお肌へのストレスを減らしましょう。

朝日を浴びて睡眠のサイクルをつくろう

朝起きて夜寝るというサイクルを作りましょう。
朝起きれば夜には自然と眠くなります。
体内時計を正常に戻してあげることで美肌へ近づきましょう。

なかなか寝付けない人へ

・アロマを使ってみる
・アイマスクを使ってみる
・成人の方は少量のお酒を飲む

血行をよくし、リラックスすることで眠れます。
なかなか寝付けない人は試してみてください。

適切な睡眠時間、良質な睡眠を心がけ、しっかりお肌をケアしていきましょう。
ご自身で始められることから始めるだけでも必ず効果は得られます。

睡眠をしっかり取り、誰もが憧れる美肌になっちゃいましょう。