筋トレ中の食事に最適!コンビニで買えるおススメ商品5選!

筋トレに励んでいる皆さん、これから筋トレを頑張ろうとしている皆さん、
最初に「頑張る」と意気込んでもなかなかモチベーションって続かないものですよね。

さらにはなかなか結果がついてこず、嫌になって挫折してしまうなんてことも...

分かります。
何を隠そう私も全然筋肉がつかず本当にやり方が合っているのか、何度も不安になり何度も挫折しそうになりました。

ただやみくもにトレーニングを頑張っても、辛いだけで続かないだけの私がいかに効率よく

筋トレを続けるかをたくさん模索しながらたどり着き筋トレを成功させた答えがあります。

トレーニングメニューを見直す。
ってことももちろん大事ですが

私は食事を見直す!ということを提案します。

食事と筋トレは切っても切れない関係であります。

いくらトレーニングを頑張っても、食事を暴飲暴食していれば筋肉なんてつきません。

「筋肉をつけるのに大事な栄養は?」
「忙しくて料理をする暇なんてない!」

この記事ではそんな方を対象にして、筋トレ効果を高めてくれる手軽にコンビニで買えるおすすめ商品にスポットをあててご紹介していきます。


筋トレメニュー王様!『サラダチキン』

出典元:セブンプレミアム向上委員会

これはキングオブダイエットメニュー。といっても過言ではないでしょう。

というのもサラダチキンとは鶏のむね肉。鶏肉は低脂質・高たんぱくで知られる食材です。

だいたいコンビニに売ってるサラダチキン一つに対してたんぱく質は20~25g、脂質は2g程です。

脂質は体脂肪の増加につながってしまうもの。

牛肉や豚肉だとどうしても脂質がついてきてしまうもので、ダイエットや筋トレの心強い味方としてまず、あげられるのがサラダチキンなんです。 

実は頼りになるやつ『ゆで卵』

次のおススメはゆで卵。コンビニいったら絶対売ってありますよね。

筋トレに目覚める前の私なんてコンビニにゆで卵が売っているなんて、知りもしませんでした。

筋トレしない人はよほどゆで卵が好きじゃないとあまり買う機会は無いと思います。

侮るなかれ。実は卵には良質なたんぱく質が含まれているのです。

一個にして約12g程。糖質が低いのも魅力。

腹持ちがいいのもポイントが高いところです。

しかし、カロリーは少し高め。でもコンビニでは一個ずつから売っているので調節しながら食べましょう。


筋トレ後の栄養補給に『サバ缶』

お肉はたんぱく質は多いですが、サバは魚の中でも1・2を争う高たんぱく食材。しかも低脂質。

毎度サラダチキンばかりたべて飽きたらサバ缶。なんていうのもいいかもしれないですね。

サバ缶はたんぱく質約17g・脂質は12g。

またEPAやDHAも豊富に含まれており、筋肉の合成を促す働きがあり、全身の細胞を若く保つ事で

疲れにくい体を作る事ができます。

サラダチキンに比べるとカロリーも脂質も高くなります。しかし、これはサバ缶の煮汁もあわせた数字になります。煮汁を残すと脂質もカロリーも抑える事ができます。

私は鶏肉に飽きたときなんかによくサバ缶を食べていました。

サバ缶は栄養価が高く値段は安いのでコスパは最高にいいです。サラダチキンと並んで手軽に理想の体を作り上げるのにバッチリな食材なのは間違いありません。

手軽に飲めてしっかりたんぱく質『ザバスミルクプロテイン』

何と言っても手軽に飲めるのがイイ。

一本でたんぱく質は15g。脂質は0。脂質0は嬉しいところ。

味が沢山選べるところも飽きずに続けれるポイント。筋トレ30分後のゴールデンタイムに飲んでたんぱく補給に持って来いです。

頑張っている自分にご褒美感覚でも。ただ少し糖質があるので眠る直前などには控えましょう。

頑張っている自分へのご褒美『ウイダー in プロテインバー』

こちらも手軽にちょっと小腹がすいたときにサクッといけるのが魅力です。
しかも美味しい。
筋トレメニューに甘いのは大敵、味気ない食べ物ばかりで飽きてしまう。
モチベーションを上げる材料としてもおススメです。

一本で約たんぱく質は10g程。脂質は10.4gと少し高めです。
おすすめはin バーのシリアルタイプ。
これなら脂質が0.7gとかなり抑えられています。

このウイダーinプロテインバーはいうなれば、たんぱく質のとれるお菓子。
毎日は食べずに、私は辛い筋トレを頑張っている自分へのご褒美としてあげていました。

筋肉に必要な栄養素「たんぱく質」

私は元々は引き締まった体ではなく、むしろ中肉中背といった体つきでした。

まずは痩せることからと思い食事を極力減らし、空腹は基本気合で乗り切りトレーニングをしていました。

するとどうでしょう。痩せてはいくものの一定までくるとあまり変化がみられず、むしろ筋肉なんて

ものはほとんどつきませんでした。

あまり食事がとらない辛さと、変化の現れない自分の身体が嫌になり一度挫折してしまいました。

更にはリバウンドでもとより太ってしまったり散々だった経験があります。

また始めようと思った時、今度は同じ轍は二度踏まないぞ、という気持ちで

色々と効率のいい筋トレ方法を調べました。答えは

筋肉には絶対にある栄養が必要。その栄養素がたんぱく質。

たんぱく質は筋肉をはじめ、血液や骨、皮膚、爪など体を作る上でアスリートなどにとっても最も必要な栄養素といわれています。ではいったいどのくらいたんぱく質を摂ったほうがいいのでしょうか。

トレーニングの仕方や頻度にもよりますが、たんぱく質は体重1kgにたいして、1~1.5g必要といわれています。

大体70㎏の人は一日70~100g程とる必要があります。

たんぱく質は、肉・魚・卵・大豆製品に含まれています。一度に摂取出来る量にも限界があるため、

一食で一気に摂ることは不可能です。出来るだけ三食に分けて均等にとっていくようにしましょう。

ちなみにたんぱく質をとるタイミングもポイントがあります。だいたいトレーニングの後30分位が成長ホルモンが活発になり栄養が最もよく吸収されます。それも意識してみてください。

三食に分けるとはいえ70g以上たんぱく質をとるのは結構意識する必要があります…

しかも、お肉などはもれなく「脂質」もついてきます。脂質は必要な栄養ですが、摂りすぎると体脂肪の増加につながってしまいます。気を付けましょう。

まとめ

筋トレメニューの王様『サラダチキン』
鶏肉は低脂質・高たんぱくで知られる食材
サラダチキン一つに対してたんぱく質は20~25g、脂質は2g
牛や豚には多い脂質がかなり少ないためダイエット、筋トレに持って来いの食材

実は頼りになるやつ『ゆで卵』
卵には良質なたんぱく質が含まれている
一個にして約12g程。糖質が低いのも魅力
腹持ちがいいのもポイント

筋トレ後の栄養補給に『サバ缶』
サバは魚の中でも1・2を争う高たんぱく食材
サバ缶はたんぱく質約17g・脂質は12g
またEPAやDHAも豊富に含まれており、筋肉の合成を促す働きがあり疲れにくい体を作る
サバ缶は栄養価が高く値段は安いのでコスパは最高

手軽に飲めてしっかりたんぱく質『ザバスミルクプロテイン』

トレーニング後に手軽に飲める

一本でたんぱく質は15g。脂質は0

味が沢山選べるところも飽きずに続けれるポイント

頑張っている自分へのご褒美『ウイダー in プロテインバー』

手軽にちょっと小腹がすいたときにサクッと

おいしい。筋トレモチベーションを上げる材料としてもおススメ

一本で約たんぱく質は10g程。脂質は10.4gと少し高め

in バーのシリアルタイプは脂質が0.7gと低めでおススメ

辛い筋トレを頑張っている自分へのご褒美として

・筋肉に必要な栄養素「たんぱく質」
筋肉に最も大事な栄養素はたんぱく質
体重1kgに対して必要な一日のたんぱく質は1~1.5g
たんぱく質はトレーニング後30分位で摂取するのが最も効率がいい
脂質の摂りすぎには注意
以上、コンビニで買える筋トレ中のおススメ商品でした。

コンビニでもしっかりとタンパク質を摂ることができます。必ず栄養成分が書いてあるので、自分で管理する事もできるしたくさん種類があるから気分に合わせて選ぶこともできます。

筋肉をつけるのは簡単ではなく辛いものです。

おいしく楽しみながら筋トレしてボディメイクをしていきましょう。