毎日少しずつ行う筋トレの効果は半永久に続く魔法だった!?

「どうしたら筋トレを続けられるか知りたい。」
「少しずつでも毎日筋トレやればどんな効果がでるのか知りたい。」
この記事はそんなあなたに向けて書いています。

こんにちは、筋トレ歴2年の運動大好き大学生「ジャリパン」です。
今回は「毎日行う筋トレメリットやノウハウ、筋トレを長く続けられるトレーニング方法」をご紹介します。

筋トレは痩せたいor筋肉をつけたいと様々な理由で始めます。
例えば筋トレをとりあえず3か月ぐらい続けようと目標立てたとします。
あなたはどのぐらい続けれるでしょうか。

残念ながら大半の人は1か月も経たないうちに挫折してしまいます。

私も筋トレ生活2年の間に飽きという大きな壁にぶつかっていました。
「やっぱり続けられない…」と自分の弱さに悔やんでいました。
そこで私はいつもジムに行くと絶対ベンチプレスをしているオジサンに思い切って相談しました。
そこで教えてもらったのが毎日部位トレーニングです。
ベンチプレスおじさんはそのトレーニング法と共に少しずつ行う筋トレのメリットやノウハウを教えてくれました。
それからというものの、私は筋トレが日常生活の一部となり二年間続けてこれました。

今回はベンチプレスおじさん伝授「毎日行う筋トレメリットやノウハウ、筋トレを長く続けられるトレーニング方法」をご紹介します。


筋肉を増やすだけじゃなくに健康・精神面にも効果が!やる気の原動力になる!

突然ですがあなたは、「筋トレは筋肉がつくだけとおもっていませんかと思っていませんか。

実は筋トレは様々なメリットがあるんです。

メリット
  • 睡眠質向上
  • 血流がよくなり肩こり改善
  • 生活習慣の改善
  • 冷え性改善
  • 自尊心が高まる
  • 姿勢がよくなる

これを聞いてどんどん筋トレの意欲が湧いてきましたよね。

私は、筋肉をつけるだけでなくモテるというメリットをネットの記事で知り、やる気が出ました(笑)

その記事で私の筋トレ生活が始まったといっても過言ではありません。

筋肉ついてきてから、サークルで着替えるときに友達に「え?めちゃ筋肉あるじゃんやば!」と言われるれるようになった時はうれしかったです。

「別にそんなないわ(笑)」って恥ずかしくなって否定しちゃったけどね。

筋トレが継続できない原因は「内容と目標設定」

ここで続かなかった人たちの共通点を紹介します。

共通点
  • 目標を立てずに筋トレ→目標がないのでやる気向上心低下
  • 逆に続かない無理な目標設定(2時間筋トレ)→結果が出ず、時間がないと言い挫折
  • 張り切りすぎて最初から高負荷・高回数→ひどい筋肉痛、動けない

これらからわかることは無理のしすぎ・定まってない目標・長時間の運動が原因でした。

記事を読んでいるあなたは一度筋トレを試して挫折してしまった人でしょう。

最初はしっかりと筋トレしていたのに、「今日は筋肉痛がひどいから…」「やる暇がないから…」と言い訳して後回ししているうちに忘れてしまいます。

あなたも3つの共通点に当てはまったのではないでしょうか。

ジャリパンは張り切りすぎて最初から高負荷・高回数をしてしまった人です。

筋肉を早くつけたい、引き締まった体になりたいという気持ちが強くなりすぎて最初から上級者メニューをおこなってしました。

案の定、次の日には全身筋肉痛で動くことができなくなってしまいました(笑)

でも実は最初に紹介した筋トレのメリットは軽い負荷、少ない回数で効果は出るので無理する必要がないのです。


軽い筋トレをコツコツと!誰でも続けられる部位筋トレご紹介!

私が教えてもらった筋トレ方法をご紹介します。

それは「毎日部位筋トレーニング」です。

少しずつ筋トレは時間もかからないので飽きずに続けられるというメリットがあるのです。

その名の通り毎日行う筋肉の部位トレーニングです。

「今日は足の筋トレをしよう。明日は胸筋の筋トレだ。」
ていう感じに、今日はこの部分を軽く筋トレしようとグループ化させるのです。

普通に筋トレするとしたらあなたは腹筋・腕立て・スクワットなどしていますよね。

よく考えると腹、腕、胸、足と全身の筋肉を使っています。

なのでもれなく次の日には全身筋肉痛。
私と同じ失敗しますよ(笑)

筋肉をグループ化させると昨日は腕の「筋トレして筋肉痛だ。でも足の筋トレならできるな。」
ということです。

私はこの筋肉部位トレーニングを行ってきて筋トレの負荷は少なく、毎日続けることができました。
はじめて慣れてきたら週一にちょっと刺激が強い筋トレを入れるのも商いポイントです。
私が使っているアプリの一つでHOMEWORKOUTっていうアプリがおススメです。
家で簡単にでき、部位ごとにメニューが用意されていてナビで説明しながらサポートしてくれます。

上級コースになるとジャリパンが知らない筋トレでダイヤモンド・プッシュアップやスパイダーマンプッシュアップなどがあり「なんだそりゃ!?」ってなりました。

かなりきつくて動けなくなります。

でも部位なので明日は違う部位は鍛えれるのでオッケー(笑)

実はこんなデメリットが?少しずつの筋トレの効果は長期勝負!

毎日続けられる軽い筋トレには実はデメリットもあります。

それは結果が出づらいという点です。

簡単に行える筋トレの代わりに筋肉も付きづらく、体の変化はかなり時間がかかってしまうのです。

早くて1年ぐらいはかかります。
なのでかなり時間と根気がいります。

私は1年半かかりました。

もともとガリガリ体質で筋肉をつける脂肪なく、ご飯を沢山食べるっていうのが一番苦痛でした。

簡単にできなくて本当に続けるのが一番大事と痛感しました。

今、あなたは「え、そんなにかかるの?」と思いましたよね。

逆にこう考えましょう。

1年続けてきたら体形だけでなく自分は1年間も毎日欠かさず続けてこれたという努力を手にすることができたと。

努力は筋トレと同じでお金では買えない
すばらしい才能です。

日記や記録に残すとかいいですよ。

自分がどのようなことを行ってきたか読み返すこともできますし、今だったら筋トレ日記を投稿できるアプリもあります。

いいねボタンもあってそれをモチベーションに筋トレをしてもいいし、気軽に筋トレの質問のコメントもできるでおススメですよ。

まとめ

今回は【毎日少しずつ行う筋トレの効果は半永久に続く魔法だった!?】について紹介しました。

筋肉を増やすだけじゃなく健康面にも影響が!?

 筋肉を増大させるだけでなく、健康維持効果がある!

筋トレがなぜ続かなかったんだ?
無理な筋トレ、目標がない、理想が高すぎる目標。
少しずつの筋トレは気軽にできるので長く続けられる。

筋トレは一気にやるのではなく軽い筋トレをコツコツと!
今日鍛える体の部分を絞って毎日で続けれるように調整する

少しずつの筋トレの効果は長期勝負
少しずつの筋トレの効果が出るのはかなり遅いだが、成功したら筋肉以上の物が手に入る。

筋肉はお金では買えない。とてもいい言葉ですよね。

筋トレは自分を高め新しい世界をみせてくれます。

今日も記事を書いている間の休憩に筋トレしました。

「自分も明日からやろう」って?いまやりましょう、いまから。
その行動力こそがあなたの基盤になっていくでしょう。