敏感肌にも使えるアルガンオイルの効果とは?正しい使用方法と初心者おすすめ3選!

「アルガンオイルって他のオイルと何が違うの?」
「敏感肌だけど、アルガンオイルって使える?」
「正しい使い方が知りたい。」
という悩みをお持ちの方に向けて、この記事を書いています。

こんにちは。
私自身も敏感肌で、今もアルガンオイルを使用中です。
そのおかげで潤いのある素肌を保っている「kiikiikii」です。

「敏感肌にも使えるアルガンオイルの効果とは?正しい使用方法と初心者おすすめ3選!タイトル」についてご紹介します。

オイルは気になるけど、敏感肌でなかなか自分に合うものが分からない。
思い切ってオイルに挑戦してみても、正しい使い方をしないと、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
せっかくの効果を実感できないなんて、もったいないですよね。

私は実際に間違った使い方をしていたせいで、一時的にニキビができてしまったり、肌がベタベタしてうまく効果を実感できませんでした。
でも正しくアルガンオイルを使うことで、敏感肌でも「乾燥知らずのしっかり保湿されているの肌」を手に入れられたんです。

他のオイルも試してきた私が、失敗を繰り返しながら分かった効果的な使い方はこちらです。


アルガンオイルとホホバオイルとの違いとは?敏感肌でも使いやすい理由は「栄養・浸透力」にあり!

そもそもアルガンオイルとは、どんなオイルなのでしょうか。
オイルと言ってもそれぞれ特徴があり、効く作用も違います。
ここではよく比較に出る「ホホバオイル」との違いを確認していきます。

そうすることでアルガンオイルの特徴が理解できます。分かりやすく表にしてみました。

  アルガンオイル ホホバオイル
何からできているか アルガンという砂漠近くの一部の地域のみに生息している希少な木が原料。オイルはこの木から成る実の種を手作業で絞られている。 砂漠近くの地域に生息するホホバという植物が原料。その種子から取られたのがホホバオイル。
オイルの成分 オリーブオイルの約3倍以上のビタミンEを含む。他オレイン酸、リノール酸も含まれ、栄養分が多い。 ホホバのオイルは「ワックスエステル」という人間の皮脂に近い成分の一つ。
オイルの特徴 浸透力に優れ、栄養を吸収しやすくする。皮膚を柔らかくし、保湿する。強い抗酸化作用と新陳代謝を高める作用でアンチエイジングに有効。 バリア機能に優れ、水分の蒸発を防いでくれる。肌に優しい。乾燥・ダメージの保湿に有効。

同じオイルでも、成分と特徴に違いがあることが分かると思います。

特に大きな違いはアルガンオイルの方が栄養分が多く、浸透力が高いということです。

オイルというと肌を覆うイメージの方も多いと思いますが、アルガンオイルはそのまま肌に吸収されるオイルなんです。

対してホホバオイルは、スキンケアの最後に蓋をする役目に優れていると言えます。

でもなぜアルガンオイルが敏感肌に使いやすいのでしょうか。そもそも敏感肌になるのは、元々の体質もありますが、乾燥肌が原因で敏感肌になっていることも多いんです。

私もその一人です。

そのため保湿力に優れ、栄養が肌に浸透しやすいアルガンオイルなら、乾燥肌の改善にも効果を発揮します。

でも正しい使い方をしないと、思うような効果を実感できません。使用方法については次の項目を確認してみてください。

アルガンオイルの正しい使用方法は「使う順番と量」が秘訣が!

正しい使用方法を知ることで、効果を実感できます。
逆に使い方を間違えると、かえって悪化させてしまう場合があるからです。

私が実際に経験した失敗談と効果的な使い方をご紹介します。

オイルクレンジングに使用は×。入浴後のスキンケア前のブースターとしての使用が基本!

オイルというとオイルクレンジングをイメージする方も多いと思います。
でもアルガンオイクレンジングとして使うことは、私はおすすめしません
なぜならアルガンオイルは浸透力が優れているため、汚れは浮いてこず、そのまま肌が吸収してしまうからです。

私は実際にこの失敗をしてしまいました。

「オイルクレンジングにも使える。」という口コミを見て、最初はクレンジングとして使用していました。
使ってみると、アルガンオイルを足しても足しても汚れは浮いてきません。
何度ぬるま湯で流しても、肌はベタベタしています。
「こういうものなのかな?」と思いつつ、これで保湿されているんだと思っていました。
やっと間違いに気づいたのは、何度か使用を繰り返していたときに、毛穴が少しずつ目立ってきてしまったことです。
恐らく、しっかりと肌の汚れが落ちていなかったんだと思います。
その後いろいろ調べるうちに、クレンジングとして使う人もいるけど、基本は入浴後のスキンケア前のブースターとしての使用が基本だと知りました。
そうすると優れた浸透力のおかげで、オイルの後に付ける化粧水がぐんぐん肌に吸収されてしっとりとした肌になります。
実際使い方を変えると、保湿は保たれたまま、1週間ぐらいで肌荒れが治っていきました。

使う量は1.2滴で十分!量が多すぎると肌トラブルの原因に!?

私が入浴後に使う量は1.2滴です。
「たったそれだけでいいの?」と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。
ものすごく乾燥肌の方は、もっと多くても問題ないかもしれません。

ただ量が多すぎると、かえってニキビができやすくなったり、肌トラブルを起こしやすくなる恐れがあります。

実際に私は使う量が分からず、たくさん使ってしまっていました。
最初は肌が乾燥していたこともあり、潤いがあっていいと思っていたんです。
でも1週間ほど経つとだんだんニキビができてくるようになりました。
そこで思い切って量を少なくして、ニキビができている場所には使用を控えました。
そうすると次第にニキビは治り、自然な潤いのある肌に改善していきました。

具体的な使い方
  • まず手のひらに1.2敵アルガンオイルを出し、おでこ・鼻・両頬・あごの4点に置いてなじませます。
  • 入浴後の手は暖かいので、すぐ肌に浸透していきます。
  • 少し物足りなさを感じるかもしれませんが、その後は化粧水などいつものスキンケアをしてください。

いつもより驚くほどぐんぐん化粧水を吸収していってくれますよ。

また顔以外にもボディケアや髪のトリートメント代わりにも使用できます。私は乾燥が気になったときだけ、数滴使っています。

他にも使うときの注意点はあります。

保管方法と粗悪品に注意することです。
直射日光の当たらない風通しのいい場所での保管がおすすめです。
保管方法をちゃんとしないと、オイルなので酸化してしまい、長く使えなくなる可能性があります。
アルガンオイルは希少で、近年人気のオイルです。
そのため粗悪品が出回っていることがあります。
パッケージなどの見た目はほぼ同じなのですが、中身は純度の悪い偽物です。
うっかり偽物に出会わないためには、できるだけ正規店から購入することが大切です。

メルカリやオークションなどで安く売られている商品も多いですが、もしそれが粗悪品でも文句は言えません。
でも正規店ではそんなことはありませんよね。
値段は定価になってしまいますが、買ったものが無駄にならないようにするには、それが一番です。

私は最初、値段の安さからメルカリで購入しました。
でも少し変な匂いがする気がして、結局買いなおすはめになりました。
実際には粗悪品ではなかったのかもしれませんが、確かめる方法がありませんでした。
皆さんには私と同じ失敗はしてほしくありませんので、最初は出来るだけ正規店での購入がおすすめです。

正しい使い方と注意点を確認して、アルガンオイルならではの効果を実感してください。


初心者でも始めやすいアルガンオイルはこちら!おすすめを3つ紹介!

アルガンオイルとネットで調べても、いろんなメーカーのものがあります。
どれが自分に合うか分からず、なかなか決められないですよね。
私も最初は選び方が分からず、ひたすら口コミを見ては決めきれない日々でした。
ここでは、私が初心者の方でも始めやすいと思うアルガンオイルを3つご紹介します。

・迷っている方にまずはこれ!コスパ抜群で口コミも多数!アルガンオイルのパイオニア的存在【メルヴィータ ビオオイル】

初めて試す商品は、レビューや口コミが多い商品の方が安心しませんか。
さらにレビューの評価が高かったり、ランキング上位にあったりする商品だと、もっといいですよね。

今ご紹介している商品は、コスメの口コミサイト「アットコスメ」で2019年ベストブースター3位を取っている商品なんです。
有名な商品ということが分かる、心強いデータですよね。

私も最初に「メルヴィータ ビオオイル」を使い始めた理由は、レビューが多く、高評価だったからです。

商品の特徴として、フランス発のオーガニック商品で、着色料や防腐剤など化学物質が含まれていないため安心です。
容器にも工夫がしてあります。
肌質や肌状態によって使う量を調整しやすいように、容器を傾けて1滴ずつ出るようになっています。

実際に私もその日の肌のコンディションで使う量が違うことが多かったので、嬉しいポイントでした。

ただ容器が瓶でできているため、人によって旅行などの持ち運びには少し不便、と感じる方もいるかもしれません。

お家でのケア用として使ってみたい商品です。

・特に敏感肌の方は精製されたアルガンオイルがおすすめ!持ち運び&お試しに便利な選べるサイズが◎【無印良品 アルガンオイル30ml】



https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4548076986706

特に敏感肌という方や、過去にオーガニック商品が合わなかったという方。

アルガンオイルは栄養成分をそのまま含んだオーガニック製が多いため、本当に肌に合うか心配ですよね。

そんな方には、精製されている「無印良品 アルガンオイル」がおすすめです。

なぜ精製されたものがいいかというと、アレルゲンになりにくく、長期保存しても酸化しにくく変色しにくい、という利点があるからです。実際今ご紹介している商品は無香料・無着色・アレルギーテスト済です。

アルガンオイルが初めてという方にも安心ですよね。

でも本当に心配な方はパッチテストをしてから使うのがいいですよ。

もう一つの特徴はサイズが選べることです。

30mlと100mlがあるので、お好みで選べるのが嬉しいですね。私は30mlを愛用しており、旅行や持ち運び用として重宝しています。

初めて使う方も、量が少ないので試しやすいサイズです。

・とにかく栄養を補い方はこちら!純度100%のオーガニック商品。コスパも◎【spa hinoki オーガニックアルガンオイル】

敏感肌だけど、とにかく栄養を取り入れたい。とにかく保湿したい。お肌をふっくらさせたい、という方。

「spa hinoki オーガニックアルガンオイル」なら世界基準の2つの機関より、オーガニック認定を受けた純度100%の未精製のオイルなんです。そのためアルガンの天然の栄養素を余すことなく補えるのが嬉しいですよね。

また商品の特徴として、色見は黄色ですが匂いがマイルドに抑えられていて、初心者でも使いやすいんです。

実際使用してみた感じでは、少し匂いは残ってありますが、私は気にならない程度でした。

使用感は思っているよりとろっとしていて、コクがあるかな、という印象です。

そして一番のおすすめは何といってもコスパです。

お手頃な値段で50mlも入っているので、始めやすい値段です。容器がプッシュ式なので、持ち運びにも使いやすいのもポイントです。

でも本当にアルガンオイルが合うか心配という方。

そういう場合はできるだけ少ない容量のもので試してみましょう。

もし合わないことがあれば季節を変えて使ってみたり、顔以外の髪やボディケア用として、割り切って使うのも一つの方法です。

粗悪品には注意して、自分の肌質を見極めて、自分に合うオイルを選んでくださいね。

まとめ

アルガンオイルとホホバオイルとの違いとは?敏感肌でも使いやすい理由は「栄養・浸透力」にあり!
ここではよく比較に出る「ホホバオイル」との違いを確認します。
そうすることでアルガンオイルの特徴が理解できます。
特に大きな違いはアルガンオイルの方が栄養分が多く、浸透力が高いということです。
アルガンオイルはそのまま肌に吸収されるオイルなんです。
対してホホバオイルは、スキンケアの最後に蓋をする役目に優れていると言えます。
アルガンオイルが敏感肌に使いやすいのは、そもそも敏感肌になるのは、乾燥肌が原因であることも多いからです。
そのため保湿力に優れ、栄養が肌に浸透しやすいアルガンオイルなら、乾燥肌の改善にも効果を発揮します。

アルガンオイルの正しい使用方法は「使う順番と量」が秘訣が!
正しい使用方法を知ることで、効果を実感できます。
逆に使い方を間違えると、かえって悪化させてしまう場合があるからです。
私が実際に経験した失敗談と効果的な使い方がこちら。
オイルクレンジングに使用は×。入浴後のスキンケア前のブースターとしての使用が基本!
使う量は1.2滴で十分!量が多すぎると肌トラブルの原因に!?
また顔以外にもボディケアや髪のトリートメント代わりにも使用できます。
他の注意点としては、保管方法と粗悪品に注意することです。直射日光の当たらない風通しのいい場所での保管がおすすめです。
うっかり純度の悪い粗悪品に出会わないためには、できるだけ正規店から購入することが大切です。

初心者でも始めやすいアルガンオイルはこちら!おすすめを3つ紹介!
ここでは私が初心者の方でも始めやすいと思うアルガンオイルを3つご紹介します。

・迷っている方にまずはこれ!コスパ抜群で口コミも多数!アルガンオイルのパイオニア的存在【メルヴィータ ビオオイル】

・特に敏感肌の方は精製されたアルガンオイルがおすすめ!持ち運び&お試しに便利な選べるサイズが◎【無印良品 アルガンオイル30ml】

・とにかく栄養を補い方はこちら!純度100%のオーガニック商品。コスパも◎【spa hinoki オーガニックアルガンオイル】

でも本当にアルガンオイルが合うか心配という方。
そういう場合はできるだけ少ない容量のもので試してみましょう。
もし合わないことがあれば季節を変えて使ってみたり、顔以外の髪やボディケア用として、割り切って使うのも一つの方法です。

私は敏感肌・乾燥対策としてオイルを探して、アルガンオイルに出会いました。
クレンジング以外のオイルを使うのが初めてだったため、最初は使い方に慣れませんでした。
でもだんだん使い方が分かってくると、「アルオイルを使うだけで、こんなに保湿ってできるんだ」と実感できました。

同じような悩みを持つ方には、最初から正しい使い方で効果を実感してもらえる手助けになれば嬉しいです。

自分に合うアルガンオイルで、もちもち肌を手に入れてくださいね。