健康食品、ドライフルーツは美容と健康に効果的!?驚くべき効果とは

この記事は健康な食生活を送りたいという人向けに書いています。
特に間食でどんなものを食べたら良いか困っている人には参考になります。

私はダイエットの時や間食に毎日ドライフルーツを食べ、半年間で約3キロの減量に成功しました。
この記事を読めば、ドライフルーツにどんな栄養素があり。どんな効果が期待できるかを知ることができます。

この記事を読まなければドライフルーツを食べすぎて、糖分を取りすぎてしまうキケンがあります。
そうなると、ダイエットには逆効果です。

この記事を読めばどのくらいの量をとれば、糖分を取りすぎずにドライフルーツを食べればいいかを分かることができます。
またドライフルーツを食べることで、健康面でどんな効果をえることができるかを知ることができます。

それではこの記事を読んで、栄養を取りながらダイエットを楽しみましょう。


栄養と味がギュッとつまったドライフルーツ

生のフルーツとドライフルーツに違いは水分がとばされたことによって味と栄養がギュッとつまっている所です。

ドライフルーツは生のフルーツに比べて3~10倍の栄養が含まれています。

例えば100gあたりのマンゴーで見てみると、ドライマンゴーは100gあたり319kcalですが、生のマンゴーは100gあたり64kcalになります。

栄養がたくさんつまっていて、良い部分もたくさんありますが、生のフルーツより不足している点もあります。
ドライフルーツは食物繊維とミネラルは特に濃くなりますが、ビタミンは減ってしまいます。

ドライフルーツを食べることで、少量でもたくさんの栄養をとることができます。
しかし、生のフルーツより縮んだからといって、カロリーが減るわけではありません。
取る量に気を付けながら、ドライフルーツを楽しみましょう。

ダイエットしながら健康な食生活をおくれるドライフルーツの力

ドライフルーツは健康に気を使いながら食べる食事としてダイエットに適しています。
ドライフルーツは水分を飛ばすことによって味や栄養がギュッと詰まっています。

ドライフルーツは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という2種類の食物繊維がたくさん含まれています。

水溶性食物繊維には消化のスピードをゆっくりにして、糖質の吸収をゆっくりにする効果があります。
そうすることで肥満の原因となる血糖値の上昇をおさえる効果があります。

不溶性食物繊維は噛みごたえがよく、食べるときによく噛むことで満腹感をえることができます。
また水分を吸収することで膨らむ特性もあるため、より満腹感を感じることができます。

満腹感がえられることで、食べるのを防ぐことができます。

太るのではないかと心配になりますが、食べる量に気をつければ大丈夫です。
糖質がギュッとつまっているため、食べすぎはよくありません。
1日の適切な食べる量は約100kcal、量にして30gほどです。

ドライフルーツは栄養が豊富で健康にいいですが、食べすぎには注意が必要です。
ダイエットや健康目的のために、ドライフルーツを食べているのにそれでは、逆効果です。

私はドライフルーツがおいしく、ドライフルーツを食べ過ぎてしまい、体重が増えてしまったこともあります。
体重が増えてしまったあとは、食べる量に気を付けながらドライフルーツを食べたら、健康に気を付けながらも体重を落とすことができました。

おやつ代わりや朝食のかわりなどに適切な量を取り入れて、健康的な食生活を送りましょう。


目的別にドライフルーツを食べよう!

ドライフルーツはフルーツによって取れる栄養が変わり、目的にあったドライフルーツを食べることが大切です。
ドライフルーツがたくさんあって、何のフルーツを食べればいいかわかりません。
ここから解消したい問題からどんなドライフルーツを食べたらよいか紹介します。

便秘とはおさらば、イチジク

イチジクは豊富な食物繊維を持っていて、便秘の解消に効果があります。
糖質の吸収速度を抑えたり血液中にあるコレステロールを減少させます。
その他にも腸内の有害な物質とくっつき排便をうながします。

1日に食べる目安の量は3~4粒ほどです。
豊富な食物繊維が腸内環境をととのえるので、便秘に悩んでいる人にはおすすめです。

疲れを吹っとばす、パイナップル

パイナップルには疲労効果のあるビタミンB1、ビタミンC,、クエン酸がたくさん含まれています。

1日に食べる目安の量は3~4粒ほどです。
ドライパイナップルは疲れを感じている人におすすめです。

目の疲れや貧血を克服したいときはプルーン

貧血に悩まされている人は、アントシアニンを多く含むプルーンがおすすめです。
プルーンはアントシアニンの他に、鉄分が多いため目が疲れやすい人におすすめです。

1日に食べる目安の量は2つです。
プルーンは目の疲れ、貧血を解消したい人におすすめです。

ダイエットにおすすめなのはバナナ

バナナには体内の余分な水分や老廃物の排出を促すカリウムを含んでいます。
食物繊維もたくさん含まれているため、便秘解消にもピッタリです。

1日に食べる目安の量は10~12個です。
カリウムと食物繊維が含まれているバナナはダイエットにピッタリです。

美容におすすめ、マンゴー

マンゴーにはビタミンAが含まれていて、皮膚のうるおいをたもちます。
他にもβカロテンには細胞を保護して生活習慣病や老化防止の効果があります。

またマンゴーに含まれる葉酸には肝臓や皮膚の健康維持にも適しています。
1日に食べる目安の量は2,3枚です。
美容に気を使っている人にはマンゴーがおすすめです。

まとめ

栄養と味がギュッとつまったドライフルーツ

ドライフルーツは栄養と味がギュッとつまっていて食べることで、少量でもたくさんの栄養をとることができます。
食べたら食べた分だけカロリーを取ることになるので、取る量に気を付けながらドライフルーツを楽しみましょう。

ダイエットしながら健康な食生活をおくれるドライフルーツの力

ドライフルーツにはたくさんの食物繊維が含まれています。
少量でも満腹感をえることができ、栄養を取ることができるので、ダイエットに最適です。

目的別にドライフルーツを食べよう!

便秘の解消にはイチジク、疲労にはパイナップル、目の疲れと貧血にはプルーン、ダイエットにはバナナ、美容にはマンゴーがおすすめです。

この記事を読むことでドライフルーツを取り入れながら、健康的な食生活を送っていただけたらうれしいです。

この記事を書き終えて、自分の食生活を見直すことにもつながりました。
ドライフルーツを食べながら、楽しみながら栄養をしっかり取り入れた食事をとりましょう。