ホホバオイルが肌にいい理由はこんなにあった!お悩みの別の正しい使い方と初心者おすすめ2選!

「ホホバオイルで肌がきれいになるって本当?」
「効果的な使い方、順番が分からない。」
「おすすめのホホバオイルが知りたい。」
そんな疑問をお持ちの方に向けて、この記事を書いています。

こんにちは。
毎日ホホバオイルオイルでケアをして、肌改善を実感している「kiikiikii」です。

「ホホバオイルが肌にいい理由はこんなにあった!お悩み別の正しい使い方と初心者にもおすすめ2選!」についてご紹介します。

ホホバオイルってよく聞くけど、本当に自分の肌に効果があるのか分からないですよね。
思い切って使ってみても使う順番が分からない、という方も多いんです。

私も始めはどう使うのが正しいのか分からず、1週間程で使用をやめてしまいました。

でも肌のきれいな友人がホホバオイルを使っていると知って、どんな使い方をしているのか質問攻めしました(笑)。

悩みによっていろんな使い方があることを知り、正しいケアをコツコツ続けていきました。

そうすることで、きれいな肌を実感できるようになったんです。
実際に感じた効果的な使い方、逆にこの使い方をしたらイマイチだった、という失敗談も交えてご紹介していきます。


ホホバオイルの特徴と効果は「ワックスエステル」にあり!ポイントを5つ紹介

そもそもホホバオイルは、オイルの中でどんな特徴や効果があるのでしょうか。

最初に見ていくことで、どんな悩みに使えるオイルなのか確認することができます。

昔から肌の保護に使われていた!ホホバオイルの起源

砂漠近くの地域に生息するホホバという植物が原料。

その種子から取られたのがホホバオイル。

古くは先住民が肌の保護や傷の治療に使っていた事が起源。

ホホバオイルのみ!オイルの主成分

主成分は「ワックスエステル」という人間の皮脂に近い成分の一つ。

ワックスエステルを多く含むのは、他のオイルと比べてもホホバオイルのみ。

これぞワックスエステルの効果!オイルの特徴

人の肌になじみやすく、他のオイルに比べて酸化しにくい。

乾燥・ダメージの保湿に有効。

赤ちゃんにも使えるほど安全性が高く、肌に優しいのが特徴。

こんなにあった!ホホバオイルの栄養素

ビタミンA…シワ・たるみの修復、シミの予防、ターンオーバーを正常にする
ビタミンD…細胞の成長を助ける、髪の成長を助ける
ビタミンE…抗酸化作用、肌のバリア機能を助ける
アミノ酸…皮膚や髪の原料の一つ。乾燥を防ぐ役割も

全身使えないところはない!?こんなお悩みに使える

・乾燥、肌荒れ、ニキビなどの肌トラブル改善
・黒ずみ毛穴、角栓の除去
・日焼けした肌の炎症を抑える
・ヘアケア、ボディケアとして
・アンチエイジング

とても肌に優しいオイルのため、基本的には全身に使える万能オイルということが分かると思います。

でも本当に肌にいいのでしょうか。

それは使い方によります。 正しい使い方をしないと、思うような効果を実感できません。使用方法については次の項目を確認してみてくださいね。

お悩み別!ホホバオイルの正しい使い方5選。コツは「使うタイミング」にあった!注意点も伝授します

いろんな症状に使えるホホバオイルですが、実は使う順番、使い方にコツがあるんです。

間違った使い方をしていると、思ったような効果が出ない場合があります。

使う順番が分からない、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

私が体験して感じた注意点も一緒にご紹介します。

肌がつっぱるクレンジングにお悩みの方には、オイルクレンジングとして。ホホバオイルなら、潤いを残せる!

普段のクレンジングで肌がつっぱる、乾燥してしまうとお悩みの方には、ホホバオイルでオイルクレンジングがおすすめなんです。

使い方は乾いた手で500円玉ぐらいのホホバオイルを手に取り、顔にのばしていきます。

こすらないように指のはらで優しく触れましょう。

その後はぬるま湯かティッシュでオイルを落として、必ず洗顔をしてください。

そのままだと汚れたオイルが肌に残ってしまいます。

洗顔ですっきりきれいにしましょう。

でもオイルクレンジングというと、刺激が強いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

私もその一人でした。

過去にオイルクレンジングのし過ぎで、乾燥肌になってしまったことがあるからです。

でもホホバオイルならその心配はいりません。

皮脂に近いオイルだからこそ汚れになじみやすく、潤いを残したままできる優しいクレンジング方法だからです。

私はこの方法に変えてから、クレンジングで肌がつっぱるということはなくなりました。

冬は特にその効果を実感しやすいですよ。

毛穴・角栓の気になる方には、入浴中のオイルパックとして。クレンジングの後がおすすめ!

毛穴や角栓にお悩みの方には、入浴中のオイルパックがおすすめです。

使い方はクレンジングが終わった後に、湯船につかりながら行います。

500円玉ぐらいのホホバオイルを手に取り、顔全体に馴染ませて、指のはらでくるくるとやさしくマッサージをします。

そのまま10分程放置して、ぬるま湯で洗い流します。

その後は必ず洗顔をしてください。

そうすることで普段では届かない肌の奥の汚れが浮き上がらせ洗顔で落とすことで、デトックス効果にもなるんです。

私は週に2回ずつ行っています。

注意点としては、効果がゆるやかに現れるという点です。

私は比較的浅いほっぺたの毛穴であれば、1週間から1ヶ月以内には角栓がうすくなっていったのを実感しています。

ただ深い小鼻の毛穴に関しては数か月はかかりました。

でも肌にやさしいのは間違いない方法なので、あきらめず根気強く取り組むことで結果が現れてきます。

日焼け後のケア・ニキビケア・アンチエイジングには、化粧水前のブースターとして。栄養分が多いホホバオイルでケア!

日焼け後のケア・ニキビケア・アンチエイジングには化粧水前にオイルを使うのがおすすめです。

使い方は手のひらに1円玉ぐらいを出し、手の温度で温めて顔全体、または気になるところに塗ります。

そうすることでホホバオイルが持つ栄養素を直接取り入れられるだけでなく、その後に使う化粧水やスキンケアを浸透させてくれます。

コツは出来るだけ栄養分の多いホホバオイルを使用することです。

すると日焼けした肌を修復し、ニキビの炎症を抑え、肌をふっくらさせてくれる効果があります。

でもオイルって化粧水をはじいてしまいそうなイメージのある方もいると思います。

ホホバオイルは人の皮脂に近い成分で肌になじみやすいため、その心配はいりません

ただ注意点として炎症しているニキビはあまり多くつけない方がリスクが少ないです。

ホホバオイルには抗酸化作用によってニキビの炎症を抑えてくれる効果もありますが、あくまでもオイルです。

私はオイルをつけすぎて一時的にニキビが悪化してしまったことがあります。

ただ炎症が落ち着いてからであれば、逆にホホバオイルをぬったほうがニキビ跡ができにくくなったので、肌のようすを見ながら量を調整することが大切だと感じています。

乾燥肌に悩む方には、スキンケアの最後に保湿として!手持ちのクリームとまぜても◎

乾燥肌が気になる方には、スキンケアの最後にホホバオイルを使うのがおすすめです。

最後に使うことで、肌表面を守り、保湿効果が高められるからです。

使い方ですが、私はホホバオイルだけで使うより、手持ちの保湿クリームにホホバオイルを少しまぜて使います。

使う量は乾燥が気になっているときは多めに、そうでないときは少なめにします。

手のひらでまぜ合わせ、あとはいつもと同じように顔全体にクリームをのばします。

私は特に冬に、この方法で乾燥を乗り切っています。

2、3日続けるだけで、次の日の肌のしっとりさにびっくりしますよ。

注意点としてはオイルが多すぎるとうまくまざらず、肌がテカテカしてしまうことがあります。

量をうまく調整しながら挑戦してみてくださいね。

髪のケア、ボディケアとして。ヘアオイルやボディクリームの代わりにも使える!

実はホホバオイルは髪のケア、ボディケアとしても使える万能アイテムです。

例えば髪をドライヤーで乾かす前、または後にヘアオイルを使う方も多いのではないでしょうか。

ホホバオイルはそのままヘアオイルの代わりになるんです。

手についたオイルをそのまま手になじませてハンドケアにもなりますよ。

ボディクリームやボディジェルを使っている方は、そのままホホバオイルで代用できます。

入浴後にからだを乾かした後に、乾燥が気になる部分などを中心にお好みの量をつけます。

私は特にひざ・ひじ・かかとにつけることで、クリームやジェルより肌がやわらかくなった実感があります。

以上5つ使用方法をご紹介しましたが、これが全ての使い方とは限りません。

使っていくうちに自分なりの使用方法が見つかることもあります。

入門として最初はこの5つの方法で試してみて、慣れてきたら自分だけに合う方法を探してみるのも楽しいですよ。


ホホバオイルは2種類だけ!?初心者でも始めやすいおすすめ2つご紹介!

ホホバオイルっていろんな種類があって迷いますよね。

でもホホバオイルには大きく2種類しかありません。

・精製されたクリアホホバオイル

・未精製のゴールデンホホバオイル

どんな方に合うのか、特徴とおすすめをご紹介します。

オイルデビューの方に!クリアホホバオイル

透明な色をしているホホバオイル。

加熱して精製されているため、未精製のものに比べて栄養素は落ちるが、においがほとんどなく刺激が少ないのが特徴。

【無印良品 ホホバオイル50ml】

「肌が敏感で、オイル特有のにおいがちょっと・・・」という方。クチコミランキングで上位の商品で、レビューの数が多い方がいいという方。

今ご紹介している商品は精製されているクリアホホバオイルで、本当ににおいが気になりません。

もちろん香料や着色料も使用していません。

クチコミサイトのアットコスメでは、オイル部門でホホバオイルの中では今ご紹介している商品が一番です。

私も友人が使っていたこと、クチコミが多かったことから、使い始めました。

使用感もさらっとしていて、オイルデビューの方でもベタベタ感が気になることもありません。

もう一つ嬉しいポイントはサイズが選べることです。

50mlと100mlと200mlがあるので、用途で使い分けができます。

私は50mlから始めて、旅行や持ち運び用として愛用しています。

栄養そのまま!ゴールデンホホバオイル

黄色のホホバオイルで、熱を与えずに抽出したオイルのため、栄養素がそのまま残っている。

精製したオイルに比べるとオイルのにおいが残りぎみ。

【マカダミ屋 ゴールデンホホバオイル80ml】

栄養補給をしたい方。

オーガニック製の商品でも問題なく、においは気にならない方。

栄養素はそのまま残したものがいいけど、添加物が入っていたらイヤですよね。

そんな方には「マカダミ屋ゴールデンホホバオイル」がおすすめです。

低温圧搾法(コールドプレス)という、成分や栄養素を壊すことなく100%オーガニックで抽出されています。

もちろん100%の植物性で、合成香料、合成着色料無添加です。

私は値段もお手頃で、無添加ということで安心して使用できました。

使用感としては確かに少しにおいはありますが、そこまで気になりませんでした。

少しトロっとしていますが、クレンジングからブースターとして幅広く使っても、肌荒れはしませんでした。

ただ本当に肌荒れが心配な方は、パッチテストをしてからの使用が安心です。

本当にホホバオイルが合うか心配という方。

その場合には最初は精製されたクリアホホバオイルから始めてみて、慣れてきたら未精製のゴールデンオイルを使うといいでしょう。

ただ未精製のオイルを選ぶときの注意点として、「低温圧搾法(コールドプレス)」のものを選ぶ方がいいです。

別で「溶剤抽出方」という高熱で処理方法がありますが、熱に弱い成分は失われてしまいます。

そのため出来るだけ低温で栄養素を保ったままの「低温圧搾法(コールドプレス)」のオイルを選んでみてください。

万が一合わない場合は、使い方を変えてみたり、髪やボディケア用としても十分使えます。

自分の肌質を見極めて、自分に合うオイルを選んでくださいね。

まとめ

ホホバオイルの特徴と効果は「ワックスエステル」にあり!ポイントを5つ紹介

ホホバオイルの特徴や効果を確認することができます。

  • 昔から肌の保護に使われていた!ホホバオイルの起源
  • ホホバオイルのみ!オイルの主成分
  • これぞワックスエステルの効果!オイルの特徴
  • こんなにあった!ホホバオイルの栄養素
  • 全身使えないところはない!?こんなお悩みに使える

とても肌にやさしいオイルのため、基本的には全身に使える万能オイルです。

お悩み別!ホホバオイルの正しい使い方5選。コツは「使う順番」にあった!注意点も伝授します

実は使う順番、使い方にコツがあるんです。

私が体験して感じた注意点も一緒にご紹介します。

  • 肌がつっぱるクレンジングにお悩みの方には、オイルクレンジングとして。ホホバオイルなら、潤いを残せる!
  • 毛穴・角栓の気になる方には、入浴中のオイルパックとして。クレンジングの後がおすすめ!
  • 日焼け後のケア・ニキビケア・アンチエイジングには、化粧水前のブースターとして。栄養分が多いホホバオイルでケア!
  • 乾燥肌に悩む方には、スキンケアの最後に保湿として!手持ちのクリームとまぜても◎
  • 髪のケア、ボディケアとして。ヘアオイルやボディクリームの代わりにも使える!

入門として最初はこの5つの方法で試してみて、慣れてきたら自分だけに合う方法を探してみるのも楽しいですよ。

ホホバオイルは2種類だけ!?初心者でも始めやすいおすすめ2つご紹介!

ホホバオイルっていろんな種類があって迷いますが、大きく2種類しかありません。

  • 精製されたクリアホホバオイル
  • 未精製のゴールデンホホバオイル

オイルデビューの方に!クリアホホバオイル【無印良品 ホホバオイル50ml】

栄養そのまま!ゴールデンホホバオイル【マカダミ屋 ゴールデンホホバオイル80ml】

本当にホホバオイルが合うか心配という方。

その場合には最初は精製されたクリアホホバオイルから始めてみて、慣れてきたら未精製のゴールデンオイルを使うといいでしょう。

ホホバオイルがいいってよく聞くけど、イマイチ使い方が分からないのが弱みでした。

でも友人に聞いたりネットの口コミで調べてみると、悩み別に使うタイミングが違うことに気づきました。

今ホホバオイルに挑戦したいけど、悩んでいる方。

思うような効果が出なくて悩んでいる方に、この記事が少しでも手助けになればいいと思っています。