ダイエットで目標体重になったら、キープする方法はかんたん!
うっぴー。うっぴー。

ダイエットの目標体重を何キロに設定すればいいんだろう?
それに目標体重になっても、キープの仕方がわからない…。

美容の先生美容の先生

この記事は、そこのお悩みのあなたに向けて、書いてます。
こんにちは、日鞠です。
ダイエットで目標体重に達成後、8年間体重をキープしています。

うっぴー。うっぴー。

8年間もキープするなんてすごいです!

美容の先生美容の先生

今回は「ダイエットで目標体重になったら、キープする方法はかんたん!」について紹介します。

ダイエットで1番むずかしいのは、目標達成後の体重キープ。
リバウンドしてしまわないか、ハラハラします。

わたしも、目標体重を達成して、しばらくは、リバウンドしないか不安でした。

しかし、たとえ目標を達成したとしても、ダイエット中と基本は変わらないということに気がつきました。

気がついてからは、気もちもラクになり、思う存分、やせた自分を楽しむことができてます。

美容の先生美容の先生

わたしが行っている、体重キープの方法、ご紹介します。

うっぴー。うっぴー。

ぜひ知りたいです!


目標体重をキープするカギは、習慣化!!

美容の先生美容の先生

ダイエットに成功して、はれて目標体重に達成。
やっとゲットした、目標体重をキープするには、習慣化がカギになってきます。

うっぴー。うっぴー。

習慣化?

美容の先生美容の先生

そうです。
ダイエットの成功とは、体重をへらすことではありません。
自分にとって、1番元気で暮らせる体重をキープすることです。
体重をへらして、はい終わり、ではないのです。

あなたの体は、毎日の習慣で作られています。
ダイエット中は、目標を達成するために、健康的な生活習慣を心がけていたでしょう。

しかし、目標体重を達成したからといって、もとの生活習慣にもどってしまっては、なにも意味がありません。

もとの生活習慣にもどってしまえば、体重ももとにもどるということ。
いわゆる、リバウンドです。

美容の先生美容の先生

わたしも、リバウンドの経験は何度もあります。
体重がへって、目標体重になると、ついゆだんしてしまいます。

ちょっとくらい、食べても大丈夫。
ちょっとくらい、運動しなくても大丈夫。

なぞの自信が生まれます。
そしてリバウンド。
リバウンドはあっという間です。

うっぴー。うっぴー。

つい気がゆるんでしまうんですよね。

美容の先生美容の先生

ただしい生活を習慣化するのは、とてもむずかしいです。
みんな、ダイエット中はがんばれます。
しかし、ダイエット終了後に、せっかく習慣化していたことを、やめてしまうんです。

ダイエット後に目標体重をキープしたいなら、ダイエット中に、自分のしているダイエットは、目標達成後も続けることができるか、考えましょう。

ストイックすぎるダイエットは、目標達成後にかならずリバウンドします。

美容の先生美容の先生

目標体重についても、女性はBMI20以下は目指さないようにしましょう。
低体重過ぎると、生理が止まったり、健康にも悪影響が出ます。

うっぴー。うっぴー。

体重は軽ければいいというわけではないんですね。

美容の先生美容の先生

BMIの計算方法は、こちらの計算式で求めることができます。

BMIの計算方法
  • 体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

160㎝の人であれば、51.2㎏以下の体重を目指しては、いけないという計算になります。

身長から、適正体重を求める計算には、こちらのサイトが便利です。

引用元:https://keisan.casio.jp/exec/system/1483589124
美容の先生美容の先生

わたしも、ダイエットのときには、お世話になりました。

BMI20以下にならないためにも、体重計には月に1回はのるようにしましょう。

美容の先生美容の先生

測りすぎは、体重に神経質になりすぎる原因となりますが、やせすぎを予防するための、体重測定は必要です。
最低でも、月に1回、少なくとも3か月に1回は体重計にのりましょう。

うっぴー。うっぴー。

自分の体重をはあくすることが大切なんですね。

そして、結果を出すことをあせらず、一生続けることのできる、ダイエット方法を身につけましょう。

目標体重をキープするカギは、習慣化!! まとめ

・体重をキープするには、ただしい生活を習慣化すること
・月に1回は体重をはかり、BMI20以下になっていないか確認する

モチベーションを維持(いじ)して、体重キープ!!

うっぴー。うっぴー。

体重をキープするために必要なことはありますか?

美容の先生美容の先生

体重キープのために必要なことは、モチベーションを維持(いじ)し続けることです。

ダイエット中の生活習慣をこれからも続けていくぞ、と思っても、続けられない人がたくさんいます。

うっぴー。うっぴー。

続けられない原因は、モチベーションを維持(いじ)できていないからなんですね。

美容の先生美容の先生

そうです。
モチベーションが低くなったり、ゆだんする気もちがうまれると、体重はすぐにもどります。

元にもどった生活習慣と一緒に、体重ももどります。
わたしは、ダイエットで目標達成できたことにゆだんして、ずっと続けていたウォーキングをサボりがちになりました。

ここまでやせたから、ちょっとくらい大丈夫と、ゆだんする気もちがうまれてしまったんです。

サボりがちになってから、じわじわと体重がもどり、体型もたるんできました。
さすがにまずいと思い、ウォーキングを再開。
大きなリバウンドはせずにすみました。

美容の先生美容の先生

運動も大切ですが、やはり気になるのは食事。
ダイエット中より、少しくらい多く食べてもいいかなと、悩む人も多いです。

うっぴー。うっぴー。

がまんしていたので、食べたくなります。

美容の先生美容の先生

ダイエット後、食事量を少し増やしたいのであれば、まずは200キロカロリーずつ増やしていきましょう。
鏡でスタイルをチェックして、週1で体重計にのり、太った、増えたと感じたところで、食事量を調整するようにします。

じょじょに調整していけば、そこまでリバウンドすることもありません。
半年間キープできれば、体重があなたの体に定着するので、半年間を目安に、調整しましょう。

とはいっても、モチベーションを維持(いじ)できたら、誰も苦労しない。
リバウンドを繰り返してる人は、そう言います。

美容の先生美容の先生

あなたが、ぜったいにリバウンドしたくない。
目標達成した自分の体を維持(いじ)したい。
そう思うなら、まっさきに、することはひとつです。

うっぴー。うっぴー。

なにをするんですか?

美容の先生美容の先生

太っていたころの服を捨て、新しい服を買いましょう。
サイズの大きくなった服とは、すべてさよならするんです。

うっぴー。うっぴー。

すべてですか?
もったいない!

美容の先生美容の先生

値段が高かったとか、関係ありません。
きれいさっぱり、捨ててしまうんです。

太っていたころの服を捨てると、自分の中で、覚悟ができます。
もうこれで、太ってはいけない。
また服を新しく買うハメになるし、せっかく買った服がムダになる。

人間、投資をすればするほど、投資したものを大切にします。
手放さないぞ、という強い気もちが生まれます。

美容の先生美容の先生

もうもどらない、という強い気もちを、作り出しましょう。
ダイエットは、自分との対話。
自分の体を大切にするからこそ、ときにはきびしさも必要。
自分で自分を追い込む姿勢も、重要です。

うっぴー。うっぴー。

自分で逃げ道をふさぐんですね!

モチベーションを維持(いじ)して、体重キープ!! まとめ

・モチベーションを維持(いじ)は、太っていたころの服をすべて捨てることから


ダイエットに成功したら、自分へのごほうびをプレゼント!!

美容の先生美容の先生

ダイエットには、自分へのきびしさも必要。
ですが、同じくらい、やさしさも必要です。

うっぴー。うっぴー。

ずっときびしくするのはむずかしいですね。

美容の先生美容の先生

ダイエットで目標体重になったら、ぜひ自分へのごほうびをあげましょう。
自分にごほうびをあげるということは、自分で自分を認めることになります。

自分を認めてあげる、がんばった自分をほめてあげる。
そうすると、自信につながります。

自分でも、やせることができた。
理想の自分になることができた。
もう昔とは違うんだ。

うっぴー。うっぴー。

変わった自分を、再認識することができますし、今までのがんばりを、ほめてあげることができます!

美容の先生美容の先生

わたしは、ダイエットに成功して、まっさきに、ほしかった服を買いました。

太っていたころは、サイズが合わなくて着れなかった服。
似合わなかった服。
ずっとあこがれていた服を、買いに行きました。

今まで、着たくても着ることができなかった服を、私は着れるんだ。
自分の努力が実ったことを、肌で感じることができた瞬間でした。

ダイエットは、やせればOKというものではありません。
ダイエットをとおして、自分のことを認めてあげれるようになる。
ダイエットに成功した、自分の成果を認めてあげることができる。

美容の先生美容の先生

外見だけじゃなく、内面にもプラスに働いていくことが、本当の意味でのダイエットです。

うっぴー。うっぴー。

でも、とくにほしいものはない人もいますよね。

美容の先生美容の先生

別に、無理にごほうびを買う必要はありません。
大切なのは、自分をほめること。
よくやった、と、自分のがんばりをほめてあげることです。
先ほど話した、モチベーション維持(いじ)にも、ごほうび作戦は効果的です。

うっぴー。うっぴー。

それなら、がんばれば自分へのごほうびが待ってるぞ、と思えて、つらくても諦めることなく続けられます!

ごほうびは、なんでもいいんです。
食べものでも、化粧品でも、旅行でも。
自分が楽しくなるような、気もちがどんどん前向きになるようなごほうびを、準備してあげましょう。

美容の先生美容の先生

ダイエットはストイックさと、自分を甘やかすやさしさ。
いわゆる、アメとムチを、上手に使い分けていきましょう。

ダイエットに成功したら、自分へのごほうびをプレゼント!! まとめ

・効果的なごほうびは、自分を認めてあげること
・自分をほめることで自身につながる

まとめ

目標体重をキープするカギは、習慣化!!

⦁ ダイエット中の生活習慣を維持(いじ)できるかどうかが、カギ
⦁ ダイエットをしている段階で、ずっと続けられるダイエット方法か、考える
⦁ ストイックすぎるダイエット方法は続かない

モチベーションを維持(いじ)して、体重キープ!!

⦁ 目標達成後も、モチベーションは維持(いじ)し続ける
⦁ 太っていたころの服は捨てる
⦁ 新しい服を買う

ダイエットに成功したら、自分へのごほうびをプレゼント!!

⦁ 目標達成後は、自分へごほうびをあげる
⦁ 自分で自分を認めてあげる
⦁ 自信にもつながる

美容の先生美容の先生

ダイエットは、目標体重達成後のキープが、1番むずかしいです。
目標体重を達成してしまうと、気がゆるみます。

うっぴー。うっぴー。

目標体重だけを目指すのではなく、ダイエット中から、達成後のことも考えて、ダイエットすることが大切ということですね。

美容の先生美容の先生

自分に合っているダイエットなのか、一生続けられるのか。
もちろん、ずっと同じ環境で暮らすのはむずかしいので、状況に応じて、ダイエット方法も変えていく必要はあります。

ただ、ダイエットは一生ものだということ。
どんな状況であっても、自分に合ったダイエット方法を実行することができるマインド。

自分に合ったダイエットへのマインドを育てることができれば、もう大丈夫です。

美容の先生美容の先生

見た目だけじゃなく、あなたの心もしっかりとダイエットさせていきましょう。
身も心もダイエットできれば、あなたはずっと、目標体重を維持(いじ)できます。

うっぴー。うっぴー。

身も心もきれいになるダイエットなら、たのしく続けることができそうです!

美容の先生美容の先生

一緒にがんばっていきましょう。