どうせなら肌にいい食べ物を選ぼう 美肌に最適なコンビニフードベスト5!

お肌の悩みはいつになっても尽きない問題です。


美肌には適度な運動ときちんとした食生活が1番大事になってくるのですが
運動ならまだしも、毎日の食生活を見直すってのはなかなか出来ないものですよね。


今日はコンビニですましちゃおうって事も多いのではないですか?


「コンビニのご飯は栄養が偏る」とよく聞きますが、毎日コンビニ弁当を食べてるなら確かにそうです。


でも、それは好きなものばかり食べていれば自炊をしても同じです。

コンビニでもちゃんと商品を選んで買えば栄養バランスだって調整できます。
「仕事が終わってから毎日ご飯を作るのは面倒くさい」
そんな忙しいあなたに、「コンビニでも買える肌を綺麗にするのに最適な商品」をご紹介します


知っといて損なし!お肌にいい成分と食材を紹介!

タンパク質
(肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など)

皮膚を作り、維持をする性質を持ち、健康な肌を作るのに必要不可欠な栄養素です。
しかし、脂肪分が多いとふきでものの原因になるので、お肉を選ぶ際には脂肪分が少ない物を選ぶと良いです。お魚の脂質は良質な脂質なため、積極的に取り入れましょう。

コラーゲン
(ゼリー、うなぎ、手羽先、フカヒレ、カレイ)

肌の保水の役割をもつのがコラーゲンです。肌にハリや潤いを与えてくれます。コラーゲンが足りないと、肌の弾力性や伸縮性が低下し、たるみやシワの原因になります。

ビタミンB2、ビタミンB6
(レバー、牛乳、納豆、豚肉、マグロ、鮭など)

脂質の代謝を促してくれ、ニキビの原因になる皮脂分泌をコントロールしてくれます。
肌を保湿してくれるので、乾燥を防いでくれます。

ビタミンC
(ピーマン、ブロッコリー、キウイ、イチゴ、レモンなど)

言わずと知れた美肌成分のエースと言われているビタミンC。シミやくすみの原因となるメラニンを抑えてくれる効果があり、ニキビの予防にも最適です。
ビタミンCは加熱に弱いと言われている為、生で食べられる野菜から摂るのが効率的です。

ビタミンA
(トマト、人参、ほうれん草、ニラ、チーズなど)

動物性食品に含まれる脂溶性ビタミン。粘膜や骨、皮膚を守ってくれる効果があり、ビタミンAが不足するとニキビや肌荒れが起きやすくなり、肌の乾燥の原因にもなります。

ビタミンE
(ナッツ、アボカド、大豆、かぼちゃ、ニラなど)

ビタミンEは体の様々な老化を防ぐ働きがあり「若さのビタミン」とも言われています。
肌荒れ、乾燥、ふきでものなどの予防効果があり、シミやシワも出来にくくしてくれます。

食物繊維
(納豆、きのこ類、ひじき、穀物類など)

便秘はお肌の大敵とも言われているほど、腸内環境は大きく肌に影響が出ます。食物繊維は便秘の予防にもなり、低カロリーなものが多いのでダイエットにもオススメできる成分です。

コンビニ飯ならこれを買おう!オススメベスト5!

みんな大好きサラダチキン

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/300107250595.html?category=&page=1

ダイエットをするならみんなこれを食べてるイメージです(笑)
やっぱり気になるのはカロリーですよね。

カロリー:109kcal
糖質:0g
脂質:1.4g
タンパク質:24g

低カロリーなのに高タンパク。栄養素がとても優秀なのでみんなに好まれるのも納得です。
プレーン味やスモークチキン、チキンバーと色々ありますが
正直サラダチキンはパサパサしてて食べづらいです。
そんな中で一番無難で美味しいのはこのハーブ味のサラダチキン。
味付けがされてるので食べやすいです。

おやつ感覚で栄養が摂れるナッツ類

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/300402310174.html?category=&page=1

ガッツリ食事に盛り込むよりも、おやつ感覚で栄養の良い物をとりたい。
そんなあなたにはナッツ類をオススメします。
ナッツにはビタミンEが豊富以外にも、タンパク質、鉄分、オメガ3脂肪酸などと体にいいものがたくさん入っています。

(1小袋あたり)
カロリー:145kcal
炭水化物:8.4g
脂質:10.6g
タンパク質:4.9g
食物繊維:1.9g

でもナッツは苦手って方も結構います。
車に常備して、仕事帰りなど、小腹が空いた時に食べるのがオススメですよ。
お腹が減っていれば
結構美味しく感じますよ(笑)

また、ナッツには集中力が高まる効果もあり
勉強や仕事の合間に食べるのもありです。

朝ご飯の味方!フルグラ

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/300201480288.html?category=&page=1

フルグラってスーパーなどに売っているイメージがありましたが
コンビニでも売ってるんです。

(1食50gあたり)
カロリー:221kcal
炭水化物:31.6g
脂質:7.9g
タンパク質:3.6g
食物繊維:4.5g
ビタミンA:150

グラノーラには鉄分、カルシウム、食物繊維がたっぷり入っています。
そしてなんて言っても、ニキビや肌荒れ防止にいいビタミンAが豊富!
朝ご飯にコーンフレークを食べている人は結構いますが
それをフルグラにしてみるのもオススメです。
牛乳やヨーグルトをかけて食べると美味しいですし、とっても食べやすいです。

ビタミンと言ったら野菜。定番のサラダは欠かせない!

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/20010010204900.html?category=&page=1

サラダって意識しないとなかなか食べないですよね。
でもやっぱりグリーンサラダや海藻サラダには
葉物やトマト、ブロッコリー、ワカメなどが入っているので
食物繊維、ビタミンCやビタミンAが豊富です。
今はドレッシングが美味しいのもたくさん売っているので
意識して野菜を摂るよう心がけましょう。

カロリー:55kcal
炭水化物:7.9g
脂質:1.7g
タンパク質:2g
ナトリウム:389mg

やはり野菜はカロリーも少なく
尚且つビタミンが豊富で1日に1回は食べた方がいいです。
朝食というよりは昼食か夕食に食べた方が個人的には食べやすいと思います。
朝よりも昼や夜の方がお腹が減りますもんね。
量はサラダで満たしてあげるといいでしょう。

足りないタンパク質やビタミンB群はこれで摂ろう!

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/300108100480.html?category=&page=1

カロリー:150kcal
糖質:0g
脂質:10.8g
タンパク質:13.1g

出典元:https://www.sej.co.jp/i/item/300101103185.html?category=&page=1

カロリー:75kcal
炭水化物:1.7g
脂質:4.6g
タンパク質:6.8g

カロリー:90kcal
炭水化物:6g
脂質:5g
タンパク質:8g

鮭や納豆にはビタミンB群が含まれており、卵はお手軽にタンパク質を摂取できる優れもの!
今は単体でもコンビニで売っている時代ですので、ささっとコンビニで買ってきてご飯のお供に食べるといいでしょう。
しっかり栄養とって美肌をキープしましょう!


まとめ

知っといて損なし!お肌にいい成分と食材を紹介!

タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など)
肉や卵はよく食べるものですが、脂質をとりすぎるとふきでものの原因になるので気をつけましょう。
魚の油は良質な脂質なので、特にそこまで気にする必要はないでしょう。

コラーゲン(ゼリー、うなぎ、手羽先、フカヒレ、カレイ)
肌の保湿には欠かせない栄養素。しかしうなぎやフカヒレなんてなかなか食べない物ばかりですが、コラーゲンを摂るにはゼリーやドリンクがオススメです。
コラーゲンが豊富なドリンクもコンビニに置いてあるので、車の中でササっと肌に潤いを与えてあげましょう。

ビタミンB2、ビタミンB6(レバー、牛乳、納豆、豚肉、マグロ、鮭など)
牛乳はカルシウムも一緒に摂れるのでオススメです。また、納豆やシャケなどはタンパク質も豊富なのでバンバン食べましょう!

ビタミンC(ピーマン、ブロッコリー、キウイ、イチゴ、レモンなど)
野菜や果物はとてもビタミンCが豊富です。今は野菜ジュースや、スムージーなどコンビニでよく売っています。
ジュースなら比較的摂りやすいのでオススメです。

ビタミンA(トマト、人参、ほうれん草、ニラ、チーズなど)
粘膜や骨、皮膚を守ってくれる効果があり、ビタミンAが不足するとニキビや肌荒れ、肌の乾燥の原因にもなります。
トマトや人参って外食のときはよく添えられていることが多いのですが、自宅でってなると意識をしないとなかなか食べる機会が少ないと思います。
これを機に意識してビタミンAを摂取しましょう。

ビタミンE(ナッツ、アボカド、大豆、かぼちゃ、ニラなど)
「若さのビタミン」とも言われているビタミンE。
肌荒れ、乾燥、ふきでものなどの予防効果があるのでとても重要な役割を担ってくれます。
アボカド、かぼちゃはあまり食べる機会がないと思いますが
コンビニならナッツが売っているのでおやつ代わりに食べるのもいいでしょう。

食物繊維(納豆、きのこ類、ひじき、穀物類など)
食物繊維は便秘の予防にもなり、低カロリーなものが多いのでダイエットにもオススメできる成分です。
玄米おにぎりや、麦パンなど、主食として食べるなら穀物類を選びましょう。

コンビニならこれを買おう!オススメベスト5!

・低脂質で高タンパクなサラダチキン
・ビタミンEやオメガ3脂肪酸が豊富なナッツ類
・朝ご飯でも食べやすい、食物繊維やビタミンEが十分に摂れるフルグラ
・ビタミンC、ビタミンAの宝庫、グリーンサラダや海藻サラダ
・ビタミンB群やタンパク質が補える、納豆や鮭、卵など

どれも美肌には欠かせない成分が含まれており
尚且つ低コストでお手軽に食べられます。
食べ物以外でも
スムージーや野菜ジュース、栄養ドリンクなど
コンビニには肌にいい成分が含まれているドリンクもたくさん売っています。

こってり揚げ物のお弁当を買わずとも
サラダに卵をトッピングしたり
鮭と納豆ご飯を食べたり
玄米おにぎりや鮭おにぎりを購入するなど
少し意識して買う物を変えるだけで十分肌に良質な成分を与えてあげられます。
肌のトラブルに悩んでいる方には是非オススメです。

毎日が忙しく、自炊している時間がないあなた
「今日はコンビニですましちゃおう」
全然問題ないです。


ちょっと買う物を気にしてあげるだけで、コンビニにも肌にいい食べ物はいくらでも揃っています。


毎日油物やジャンクフード、お菓子を食べていればそりゃ肌だって荒れるし、体重も増えていいことはないです。

まぁそれは誰だって分かっていることではありますがお腹が減ってればご飯もいっぱい食べたいですよね。

でも安心してください。食べる量を減らせとは言っていません。
食べる物を変えるだけでいいんです。

お弁当も幕の内弁当にしたり、それにサラダを付け加えてみたり、メニューの中に今回紹介した物を取り入れてあげるだけでいいんです。

これを機に、食事内容を気にするようにして肌の健康を維持してあげましょう。